線路内の女児遺体は大桃珠生さん(7) 窒息死か

国内

新潟市のJR越後線の線路で7日夜、小学2年生の女子児童が列車にはねられ、その後、死亡が確認された。

警察は8日午後、捜査本部を設置し、死亡した女子児童は、近くに住む大桃珠生さん(7)で、殺害されたあと、線路上に放置された疑いがあると、会見で発表した。

死亡が確認された大桃珠生さんは、7日午後10時半すぎ、新潟市西区のJR越後線の線路で列車にはねられ、その後、死亡が確認された。

線路上に横たわっていて、運転士がブレーキをかけたが、間に合わなかったという。

大桃さんは、午後3時ごろに下校したあと、友人と歩いているのを最後に、行方がわからなくなっていた。

現場は、自宅から100メートルのところだった。

警察の調べによると、顔面にうっ血のあとや、目にいっ血点があることから、生前に首を絞められた可能性があるという。