無理やり抱きつきキス 疑惑のセクハラ町長

国内

今度は、群馬県の町長にセクハラ疑惑が浮上した。

疑惑について、町長はどう反論したのか。

群馬・みなかみ町の前田善成町長(50)。

この人物に、セクハラ疑惑が浮上した。

問題が起きたのは、4月18日。

関係者によると、前田町長は、町内の飲食店で開かれた飲み会の場で、同席した女性に対して、酒に酔って無理やり抱きつきキスをする、セクハラ行為を行ったという。

被害を受けた女性は、警察に相談しているという。

この話を知った町の人は「そんなこと聞いたことがない」、「町の顔として泥を塗ったと思いますね。残念ですね。町民として情けない、情けないですね」などと話した。

前田町長は2017年10月、町長選に立候補し、現職を破って初当選した。

FNNは、直接話を聞くため、自宅を訪ねたが、応答がなかった。

みなかみ町によると、前田町長はキスをしたことは認めているが、「女性とは合意があり、強引な行為はしていない」と説明しているという。