佐々木蔵之介ビックリ! 働き者のナマケモノに主役食われる

  • ドキュメンタリー映画の公開直前イベントに佐々木蔵之介
  • 本物のナマケモノが登場 動物好きの早坂ひららも興味津々
  • 実は働き者?写真撮影でポーズをとるナマケモノに大歓声

映画の公開直前イベントに佐々木蔵之介

映画「アース アメイジング・デイ」の公開直前イベントが11月20日東京・千代田区で行われ、日本版ナレータを務めた佐々木蔵之介(50)さんと動物大好きな子役の早坂ひらら(7)ちゃんがゲストで登場した。

佐々木蔵之介
感動を共感してもらえると思って とてもきょうはうれしいです

早坂ひらら
早坂ひららです。(サルの物まねで)うっきー!よろしくお願いします

映画はネイチャードキュメンタリー「アース」の10年ぶりとなるシリーズ第2弾。今回も生き物たちの貴重な姿を捉えている。

本物のナマケモノが登場 動物好きの早坂ひららも興味津々

イベントにはスペシャルゲストとして本物のナマケモノが登場。

佐々木蔵之介
ナマケモノ…ここに来ている時点で働き者ですからね

実は働き者?写真撮影でポーズをとるナマケモノに大歓声

その言葉通り、このナマケモノ、写真撮影では後ろ足だけでぶら下がるポーズを急にとり始めるなど、かなりの働き者と判明!

動くナマケモノの姿に会場からは「うぉ~!」と大きな歓声があがり、すっかりイベントの主役になってしまっていた。

(めざましテレビ11月21日放送より)

めざましテレビの他の記事