「自宅でまとめて試着、気に入ったらお支払い」Amazonのアパレル新サービス!その狙いとは…

  • アマゾンが自宅でまとめて試着できる『プライムワードローブ』開始
  • 中から気に入った商品だけを購入し、残りは着払い伝票で返品OK!
  • 気軽に安心してファッション商材を買えることを知ってもらう狙い

「まとめて試着、気に入ったらお支払い」

11月20日、東京都内で行われたインターネット通販大手「アマゾン」の年末セールの発表会。

その冒頭、アマゾンジャパンの前田宏統括事業本部長は、
『プライムワードローブ』という、新しいプライム会員向けのサービスをスタートしました」と述べた。

10月から有料会員向けに開始した『プライムワードローブ』という新サービス。キャッチコピーは「まとめて試着、気に入ったらお支払い」。

最大8点取り寄せ、買わない服は着払いで返品

アマゾンファッションが提供する数千のブランドの中から、レディース・メンズ・キッズ向けの服やシューズ・バッグ・化粧品など対象商品を3点以上、最大8点までをまとめて取り寄せ、自宅で試着することが可能。

最長7日間の試着で、気に入った商品だけ購入するこのサービス

そして、試着して買わないことにした服は、そのまま箱に戻し、あらかじめ入っていた着払いの伝票を貼ることで、そのまま返品することができる。

アマゾンは一体なぜ、このサービスを始めたのか?

アマゾンファッションの浜崎真一事業部長は、
「ファッションは一つの大きな成長カテゴリーと認識しているが、アマゾンジャパンで、返品できることすら知らないお客さまがたくさんいる。気軽に安心してファッション商材を買えないという先入観がどうしてもあって、そこの障壁を取り除こうということが今回の大きな狙い」と話す。

経営コンサルタントの松江 英夫氏は、
「今まではリアルなお店で試着をしてネットで買うという購買行動があったが、これでは特定ブランドに限られてほかのブランドとの組み合わせができないとか、自分の持っている服と合わせられない。自宅での試着を提供できるのはアマゾンならではなのかなと思い、これが浸透すれば面白い展開になる。ユーザーのデータをたくさん取り、組み合わせを提案することで、ユーザーを囲い込むのが基本戦略」と話す。

(「プライムニュース α」11月20日放送分)動画で見てみるにはコチラ

プライムニュース αの他の記事