医師不足は女性だけの問題じゃない!必要なのは男性医師も働きやすい環境

医師不足が根底にある「医師の囲い込み」

カテゴリ:暮らし

  • 入試差別が起こった原因の前提にあるのは“医師全体の不足”
  • 今回の問題を考える鍵は、医師の仕事における「長時間労働問題」
  • 現場は女性医師を求めている

この夏発覚し、世間を騒がせた東京医科大学による入試差別問題。

同大学は11月7日に会見を開き、今年と昨年の入試で本来は合格ラインに達していた女子67人を含む計101人の不合格者に追加合格の判定対象とする救済策を発表した。

その間も、他大学における入試差別の事実が徐々に明るみに出るなど、本格的な受験シーズンを前に、この問題の議論はまだまだ続きそうだ。

そもそも、なぜ医師を志す女子学生に対して意図的に門戸が狭められることになったのか。その背景には出産・育児により離職しがちな女性医師を敬遠した、という見方が優勢だ。

しかし、内科医でNPO法人医療ガバナンス研究所研究員を務める山本佳奈医師は、それに対して「医師不足の問題を、ただ女性医師のせいにしているだけ」と異議を唱える。

「今回の入試差別が起こった原因は、まず大前提として医師全体の不足があります。その上で『医師の囲い込み』が目的だったと考えています。大学病院は、選択集中のできる、がんセンター等の専門病院と違い、百貨店のようなイメージで、すべての診療科に医師を確保する必要があります」

山本佳奈医師

「さらに、医局が求めているのは当直もいとわずバリバリ働いてくれる意欲の高い世代。そうなると、いわゆる3〜8年目、30歳前後です」。

それはちょうど、女性が出産・育児のライフイベントを迎える年齢と重なると言えるそうだ。

一般的に女性の労働力の割合を示すグラフでは、30〜40歳代の部分が顕著に落ち込む「M字カーブ」と呼ばれる特徴が見られるが、女性医師に関しても同様の変化を示している。

「今の医師不足の問題が、単純にこの『M字カーブ』のせいにされているだけではと思っています。短期的には確かに減るけど、底の35歳でも76%。皆がやめるわけではなく、40歳には8割まで戻りますよね。現実として男性医師は育児休暇を取らない人が多く、出産というリアルなブランクもない。それで男性を確保したい、と。安直な解決法に行き着いたのではないでしょうか」

なぜこうなるのか、それは医師の入口である医学部の構造に課題があると山本医師は指摘する。

「今、入学試験=就職試験になっているため、こういった『いびつ』なことが起こるわけです。アメリカ等では医学部と大学病院が一緒ではない、教育機関だけに特化した医学部があります。ただ、日本では現状、付属病院の利益を大学の経営にまわしており、ここを切り離した時点で補助金に頼らないといけなくなるでしょう」という。

少子化により大学経営が厳しくなる一方で、容易には実現しづらい方策なのかもしれない。しかし、確かに純粋な教育機関としての医学部があれば公平な入試が行われる可能性は高いだろう。

目指すべきは男性医師も働きやすい環境

もう一つ、入試差別問題を考える上で鍵となるのは、医師の仕事における「長時間労働問題」だ。

国の「働き方改革」の一環として、厚生労働省では「医師の働き方改革に関する検討会」を設置し、医師の労働時間の上限に関する議論を行っているが、現段階では、まだ具体的な数字は見えてこない。

長時間労働の一因にはやはり医師不足があり、その状況からも育児などで常勤が難しい女性医師の敬遠へと繋がりやすい。しかし、小児科医の森戸やすみ医師は「そんな職場では女性のみならず、男性だって続かない」と語る。

「男性医師だから産休も育休も取らない、常にフルで働けると見なされて、病欠も介護休業も取りづらい環境となれば、男性だって続けられません。現代は、共働き世帯が専業主婦世帯の約2倍です。男性医師の配偶者は専業主婦の割合が一般より多いかもしれませんが、それでもまったく家庭を顧みず、何かあったらすぐに病院に行ってしまうお父さん、夫って、今後はどうなんでしょう」

事実、森戸医師のクリニックに訪れる父親たちの姿はすでに変化しているという。

「子どもを『育てている』と感じる父親が増えました。昔は我が子について何を聞いても答えられない父親が多かった。『食欲はどうですか?』と聞いても『わからないから妻に電話します』。それが普通だったのが、最近では父親自ら『おむつを替えていたら、どうも便の色が白いようです』とか『いつもに比べて今日は「このくらい」しか食べません』とか具体的に教えてくれるのです。

父親だって時間があれば仕事だけじゃなくて育児もしたいはずなんですよね。だから取り組むべきは男女ともに働きやすい環境を作ることで、それを置いて入学時点で女性を制限するなんて、本当に論外だと思います」

現場は女性医師を求めている

とりわけ森戸医師のような小児科では、出産・育児の「ブランク」は「育児経験のある女性医師」としての信頼に繋がり、父母の抱える育児不安を解消してくれる。

さらに小児科に限らず、「女性医師のほうが、ガイドラインにのっとった丁寧な治療をするから治療成績がいいというデータもあります」と森戸医師は語る。

2016年12月に米国医師会の学会誌に掲載された米ハーバード大の論文によれば、男性医師よりも女性医師に診てもらったほうが死亡率が低く、再入院率も低い、という研究報告もある。

そして現代は「超高齢化」の世の中。医師に求められる役割が変わりつつある。

死因の多くが感染症から生活習慣病へと変化した今、短期的な治療ではなく予防医学なども含めたライフスタイル全体を根気強く診て指導していくことも求められる。

ある研究によれば、男女の医師が診察で患者からの話に口を挟むまでの時間が、女性医師では平均3分、男性医師では平均47秒だったという結果がある。

長く信頼関係を構築する上で、患者の話に耳を傾けることの意味は大きく、ここでも女性医師の資質と現場のマッチングが見てとれる。

これらを総合しても、やはり医師を志す女子学生への差別は理にかなわない。取り組むべきは、男女ともに医師たちが働きやすい環境の整備が必要となるだろう。

山本佳奈
医師。平成元年、滋賀県生まれ。滋賀医科大卒。福島県の南相馬市立総合病院を経て、ときわ会常磐病院(いわき市)、ナビタスクリニック(東京都)内科医として勤務。NPO法人医療ガバナンス研究所研究員も務める。著書に『貧血大国・日本』(光文社新書)。

森戸やすみ
小児科専門医。1971年東京生まれ。1996年私立大学医学部卒。NICU勤務などを経て、現在はさくらが丘小児科クリニックに勤務。2人の女の子の母。著書に『小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK』(内外出版)、監修に『祖父母手帳』(日本文芸社)などがある。医療と育児をつなぐ活動をしている。アピタル「小児科医ママの大丈夫!子育て」を連載中(http://www.asahi.com/apital/column/daijobu/

取材・文=高木沙織

女性活躍時代のジレンマの他の記事