柳瀬氏国会招致めぐり攻防 首相は岸田氏と会談

国内

元首相秘書官の国会招致をめぐり、与野党の駆け引きが続いている。

自民・公明両党の幹事長は、16日午後、国会内で会談し、加計学園の獣医学部新設をめぐって、23日に衆参両院で、予算委員会の集中審議を開き、柳瀬元首相秘書官らを、参考人として招致する方針を確認した。

自民党の森山国対委員長は、立憲民主党の辻元国対委員長と会談し、こうした方針を伝えたが、辻元氏は、虚偽証言への罰則規定がある証人喚問を実施すべきだとして拒否した。

立憲民主・辻元国対委員長は「全く話になりませんと、お引き取りいただいて、再検討してほしいと」と述べた。

柳瀬氏は16日午前、記者団に対し、「国会の判断に従う」と述べ、与野党が合意すれば、国会招致に応じる考えを示している。

こうした中、安倍首相は16日夜、自民党の岸田政調会長と、東京都内の料理店で会談し、森友学園や加計学園をめぐる一連の問題を念頭に、「しっかり説明責任を果たさなければならない」と強調した。

自民・岸田政調会長は「状況は楽観できない、大変厳しいものがあるという認識について、私の方から申し上げた。総理もその通りであると」と述べた。

会談の中で、岸田氏は、一連の問題について、「決して甘く見てはならない。大変厳しい情勢だ」と懸念を示した。

これに対し、安倍首相は、政府として説明責任を果たしていく考えを示し、「政府・与党が一体となり、信頼回復のために努力しなければならない」との認識で一致した。