“平成最後”の園遊会…「大変ですね。雨で」雅子さま15年ぶり最後までご出席

  • 両陛下「最後のご出席」となる秋の園遊会
  • 出席された三谷幸喜さんや村岡桃佳さんは…
  • 雅子さま15年ぶりに最後までご出席

秋の園遊会…両陛下「最後のご出席」

東京のモミジが色づき始めた11月9日…。
天皇皇后両陛下が主催される秋の園遊会が東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれた。

あいにくの雨模様となった園遊会。
1つの透明なビニール傘の下、腕を組みながら出席者と歓談された両陛下。

来年の春は、4月30日に陛下が退位されるなど代替わりの行事が立て込み、園遊会が催されないため、この日が平成最後になる。


出席された三谷幸喜さんや村岡桃佳さんは…

各界から招かれた約1800人の出席者の中には、脚本家の三谷幸喜さんの姿も。

天皇陛下:
今はどういうお仕事をしてらっしゃるんですか?

三谷幸喜さん:
今はミュージカルを作っております。
1700年にわたる日本の歴史をミュージカルに。

天皇陛下:
ずいぶん長い…。

三谷幸喜さん:
上映時間は短いんですけど。長い期間の話をやらさせていただいています。

天皇陛下:
構想も大変でしょう。長い歴史をね。

また平昌パラリンピックの金メダリスト・村岡桃佳さんとは…。

皇后陛下:
一番最初にあげられた金メダルではなかったでしょうか?
スラロームでしたね。とても美しい滑り方で。

村岡桃佳さん:
恐縮です。ありがとうございます。

皇后陛下:
おめでとうね。

1953年から始まった園遊会に、約60年にわたり出席を重ねてきた両陛下。
この日が最後の出席となる。

雅子さま15年ぶりに最後までご出席

皇太子さまの隣で、秋にふさわしい紅葉がちりばめられた和服をお召しになった皇太子妃雅子さま。
にこやかな笑顔で招待客と交流されていた。

雅子さまが最後まで園遊会に出席されるのは、2003年の秋以来、15年ぶりとなる。

車椅子の村岡さんの前では、「大変ですね。雨で」と膝をおとし、目線を合わせ、低い姿勢で声を掛けられていた雅子さま。

また西日本豪雨の被災地・岡山県倉敷市の伊東市長に対しては、「大変大きな災害でお見舞い申し上げます。体に気を付けてくださいね」と被災地を気遣われる言葉も。

三谷幸喜さん:
すごくいろいろ質問をしてくださって。それに対して答えまして。どんな質問されたか覚えていないのが、大変申し訳ないんですけど。
いっぱい待ち時間にいろんなことを聞かれる気遣いのようなものを感じました。

ジンギスカンおいしかったです。タレが。

村岡桃佳さん:
(雅子さまは)スキーが好きで、よく行くというお話もしていらっしゃいましたし、障害者スポーツの方にも関心であったり、目を向けていただいているな、ということにすごくうれしいなと感じました。

来年以降は、新たな両陛下主催のもとで園遊会が開かれる。

フジテレビ橋本寿史解説委員は「皇后となられた雅子さまにとっては、率先していろいろな方と触れ合う場面が出てくると思う。陛下になられた皇太子さまをサポートしながら進まれるという意味では、これまで以上のお役目が出てくると思う」と分析する。


(プライムニュースイブニング11月9日放送より)

皇室のバトンの他の記事