一流シェフの実演を見ながら食事…AIで訪日外国人も楽しめるレストラン

カテゴリ:地域

  • 日本の料理界の巨匠がコラボする「KIKKOMAN LIVE KITCHEN TOKYO」
  • ステージのように見えるキッチンでの一流シェフの実演を見ながら食事
  • 日本語がわからない外国人のためにAIが英語や中国語など20カ国語に翻訳

一流シェフがオープンキッチンで実演

ふっくらとしたうなぎの飯蒸しに、トリュフソースが香り立つヒレステーキと京野菜。

日本を代表する料理界の巨匠がコラボしたメニューを提供するレストランが11月1日、東京・有楽町にオープンした。

その名も「KIKKOMAN LIVE KITCHEN TOKYO」。

KIKKOMAN LIVE KITCHEN TOKYO

訪日外国人をターゲットにしたこだわりのキッチンは、客席から見ると、まるでステージのよう。

キッチンの上にはライブカメラがついていて、キッチンでどんなことが行われているのか、一流シェフの手さばきを食事をしながらそのまま見られるようになっている。

キッチンの上のライブカメラ映像

この日は、オテル・ドゥ・ミクニの三國清三シェフによるヒレステーキの焼き方講座に会場が盛り上がる一幕も見られた。

三國清三シェフ:
キッコーマンのオリーブオイルです。煙が立つ温度が一番いい温度ですね。一般の方は肉をすぐにひっくり返しちゃうけど、ひっくり返しちゃうとダメ!

オテル・ドゥ・ミクニ 三國清三シェフ

シェフの話をAIが即座に翻訳

楽しいシェフの実演も、日本語がわからなければ外国人観光客にはストレスとなるばかり。そこで、シェフが何をしゃべっているのかを即座に翻訳する対応も行われている。

富士通が開発したタブレットを使ったこのサービスは、英語、中国語、フランス語などはもちろん、カタロニア語、ヒンディー語など20カ国語に対応。AIが次々と翻訳していく。

シェフの話をAI技術で即座に20ヵ国語に翻訳するタブレット

国産食材を使ったオリジナルメニュー

提供する料理は、全国の自治体とタイアップした国産食材を使い、和食を軸にフレンチやイタリアン、中華などを融合させたオリジナルメニュー。

11月は京都の食材を使ったコース料理で、料金は1人1万2000円(税込み・サービス料別)。

来店客は「外国人にとっても受けると思う。誇りを持ってお勧めできるレストランの1つではないかな」と話していた。

世界100カ国以上で「しょうゆ」の販売を展開するキッコーマンが訪日客をターゲットにしたレストランを手がける狙いとは?

キッコーマン・堀切功章社長は、
「キッコーマンというブランドが、さらに各地に浸透していくことの狙いもあるし、外国人観光客が、普段、国で使っているしょうゆをここで思い出していただく。キッコーマンということをあらためて認識していただくのも大事なこと」と語る。

キッコーマン・堀切功章社長

実演型スタイルと、世界の料理の融合。

そしてAIを使った新技術で、訪日客にもアピールしていきたい考えだ。

(「プライムニュース α」11月1日放送分)

なんでもAIの他の記事