ハロウィーン本番で仮装した人が集結! 厳戒態勢の渋谷…混乱は?

  • 28日に大混乱となった渋谷では、午後3時過ぎから数百人の警察官による厳重な警備が敷かれた
  • センター街の飲食店・商店も“仮装”対策「迷惑行為だけはしないで」
  • 若い女性からは「怖いので早めに帰る」との意見も…警視庁は歩行者天国にする可能性を指摘

楽しい仮装と不安の声

ハロウィーン当日を迎え、街にあふれる仮装した人々。
渋谷区の美容院「elyts」では、スタッフ全員がハロウィーンスタイルで接客をしていた。

その理由を代表取締役の米澤祐太さんに聞いた。
「みんな楽しいと言ってくれます。その日に合わせてお客さんも来てくれて、僕たちも楽しく仕事ができるので、毎年恒例になっています」
来店者からも「いつもと違って楽しい。こんな美容院はないので」という声が聞かれた。

思い思いに平成最後のハロウィーンを楽しむ一方、28日には軽トラをひっくり返したり、上半身裸の男が大騒ぎしたりと群衆の一部が暴徒化し、盗撮などの行為で逮捕者まで出した。

この事態に対して、渋谷センター商店街振興組合の小野寿幸理事長は、「仮面をかぶって何でも自分のやりたい放題やるのは、ハロウィーンではなくて“変態仮装”だ」と語る。 

渋谷の街からも怒りと不安の声が相次いでいた。
若い女性は「夜怖いですね…お酒飲んでいる人に絡まれそうで…」と話す。

こうした中、ハロウィーン当日を迎えた渋谷の街では、昼間からある告知を行う店が続出していた。

28日の渋谷

閉店時間の変更に「入店お断り」も…

センター街にある眼鏡店は、通常午後8時まで営業しているところ閉店時間を午後6時に早めるという。

さらに、イタリア料理店では「(今日)ここに来る方々は、基本的に飲食をする方々ではない。パレードで練り歩いているばかりなので。ここに来たいという方が来られないという面からするとちょっと…」と語る。
客足が鈍るばかりか、入り口付近が人で塞がれて客が入るに入れないという事態を危惧していた。そのため、今日は正面の入り口を閉め、もう1つの入り口に客を誘導する構えだ。

そして、中には仮装したままでの入店を断る店舗も…
洋服店の店長は、「お祭りなので、できれば一緒に盛り上がって共存したいが、勝手にフィッティングルームを使う方も多くなってきたので、入り口に『入店お断り』のポスターなどを貼って促している」と話す。

「仮装お断り」のポスター

他にも、渋谷では酒に酔って瓶を割ったりするケースが相次いでいることから、付近のドン・キホーテや大手コンビニ3社は、瓶入りのアルコール飲料の販売を自粛。
さらに、バスが一部区間で運休するなど、街全体に影響が及んでいる。

渋谷センター商店街振興組合の小野理事長は、「みなさんが楽しみたい気持ちはわかるが、迷惑行為だけはしないでいただきたい」と話した。

横断しながらの写真撮影は禁止

そして午後4時前、夜の混雑に向けて警察も動き始めた。
仮装姿の人の姿はまだ少ないが、信号が変わった瞬間に数十人の警察官がスクランブル交差点の横断歩道沿いに配置されたのだ。

先週トラブルが起きた際には7000人が渋谷に詰めかけたというが、昨年のハロウィーン当日は9万5000人がやってきた。
31日も同様の混雑が懸念されるため厳戒態勢が敷かれ、警察はトラブルなく誰もが安心してハロウィーンを楽しめるよう、午後3時過ぎから数百人態勢で警備を行っている。

夜にかけて多くの人出が予想されている渋谷駅前のスクランブル交差点から、中川真理子キャスターが午後5時過ぎの状況を伝えた。

中川キャスター:
午後4時を過ぎた辺りから、仮装をしている人と警察官の数がかなり増えました。
スクランブル交差点を見回してみると、機動隊員のいわゆるDJポリスの車が少なくとも3ヶ所に配置されています。
目の前の信号が赤信号のため、スクランブル交差点にある4つの横断歩道沿いに警察官が横1列に10人ほど配置されていますが、この信号が青に変わると、横1列の警察官が縦に並びが変わります。

「横断しながら写真撮影はしないように」と呼びかけているのですが、残念ながら自撮り棒などで写真を撮りながら横断する人は、かなり多くなっています。
警視庁によりますと、今後、人が増えて車道に人があふれ返るようなことがあれば、歩行者天国にする可能性もあるということです。

中川キャスター:
信号が青に変わり、仮装する人たちが奥にあるセンター街に向かって歩いていきます。
ゾンビのようなメイクをした人、動物やアニメの格好をした人たちが、知らない人たち同士で写真撮影を楽しんでいます。
中には、20年前の渋谷では当たり前の光景だったコギャルに扮した制服にルーズソックス姿の若者もいますが、30代の私からすると「これ仮装なのかな?」とかなり時代を感じてしまいました。
一方で、先週末のトラック横転などを受けて、若い世代の女性からは「夜が怖いので早めに帰ろうかな」という意見も聞かれました。


ハロウィーンの仮装をして出かける人は、無暗に騒いだりゴミを捨てるなどせず、倫理観を持って楽しんでほしい。

(「プライムニュース イブニング」10月31日放送分より)

プライムニュース イブニングの他の記事