働きたい時間と仕事を選ぶだけ!“面接ナシ”のスポット採用

  • 面接ナシで仕事につける新サービス「タミー」
  • アプリで働きたい時間と仕事を選ぶだけ
  • 企業と働く人はお互いをレビュー、ブラックバイト廃止の取り組みも

働きたいときにすぐ働ける

「タイミー」のサイト

アルバイトや就職で必ずある「面接」。
しかし、この面接をなくしてしまおうという新たなサービスが始まった。

“働きたいときにすぐ働ける”をコンセプトにサービスを始めた「タイミー」。
使い方はいたって簡単。

働きたい時間を入力

スマホのアプリで働きたい時間を入力すると、仕事の候補がいくつか紹介される。
その中から仕事を選ぶと、それで登録完了。
従来のパートやアルバイトと違って面接がなく、あとは仕事をするだけ。

一日で終わる単発の仕事

タイミーを利用した男性

サービスを利用した男性が行うのは、大手旅行会社の子会社で封筒に料金後納のスタンプを押し、チラシを入れるというもの。
一時間半で2000円になる。
男性は、「時間と場所が選べて便利だと思う」と話す。

タイミーが扱うのは基本的に一日で終わる単発の仕事。
だったら面接をなくそうというのだ。

サービスを立ち上げたタイミーの小川嶺社長は、
面接はこれからなくなっていくトレンドだと思う。ワーカーからすると面接に行く時間がもったいない、面接しても受かるかわからない、その日お金を貰えるわけでもない」と話す。

繁忙期だけスポットで雇える

このサービスは、仕事をお願いする側にもメリットがあるという。

H.I.S.インパクトファイナンスの東小薗光輝社長は、
我々がお願いする仕事は、長期間一緒に仕事をしていくわけではなくてスポットでお願いしたいので、面接がない方がコスト面からも非常に楽」としている。

この会社は、月末が繁忙期で人手不足になるが、月初めは比較的余裕があるという。
アルバイトなら継続して雇う必要があるが、タイミーなら忙しい時だけ働いてもらうことが可能。

しかし、企業にとってどんな人が来るかわからないという怖さはないのか…

ブラックバイト廃止の取り組みも

タイミー・小川嶺社長

小川社長は、「評価が悪い人はキャンセルができる。悪いユーザーはどんどんはじかれていく仕組みになっている」と話す。

働く人には企業からレビューが付く。
良い人は評価が上がり、無断欠勤した人はサービスが使えなくなる。

逆に、企業も働く人からレビューされていて、いわゆるブラックバイトを無くす取り組みがされている。

企業からのレビュー

人材が流動化する時代に、面接なしで大きく変わる働き方。
今は東京を中心としたサービスだが、今後全国展開していくという。

(「プライムニュース α」10月29日放送分)

プライムニュース αの他の記事