またも中国で…前代未聞の「草間彌生作品展」全てがニセモノだった!

  • 中国での草間彌生作品展の全てがニセモノ
  • 中国の美術関係者からのタレコミで発覚
  • 草間さんの代理人が中止を求め、法的措置も

中国での草間彌生作品展の全てがニセモノ

水玉模様の作品の数々…どれも世界的な前衛芸術家・草間彌生さんの作品かと思いきや…全てがニセモノだった…

展示作品全てが贋作だったという前代未聞の展覧会が開かれたのは中国

草間彌生さんの代理人を務める弁護士によると、贋作展覧会が確認されたのは今年4月以降。

広州上海深圳など5カ所で行われ、「草間彌生と村上隆の共同作品展」とうたい、二人の作品と称する展示が多数出品されていたという。

中国の美術関係者からのタレコミで発覚

小野寺良文弁護士(草間氏の代理人):
中国の美術関係者から草間先生の財団に情報提供がありました。「おそらく偽物ですが大丈夫ですか」という問い合わせがあって…

そこで草間さんの代理人弁護士は、実際に中国で実態を調査

弁護士が撮影した中国・長沙で行われた贋作展覧会の映像…草間ワールドを代表する「かぼちゃ」をモチーフにしているが全くの贋作。

しかも草間さんの偽物のサインまで入っていた。

赤地に白い水玉模様があしらわれた部屋の展示は…「クサマトリックス」という作品の偽物。

また来館者が水玉模様のシールを貼った作品「The Obliteration Room」も本物はオーストラリアの美術館が所蔵する作品だ。

小野寺良文弁護士(草間氏の代理人):
一般の素人の方が入場された場合にすぐに贋作という風にはならないかも知れません。ただ専門家の方が見れば簡単にわかるレベルかと思います

草間さんは長野県松本市出身。

作品は国内外で高い評価を得て、2006年には高松宮殿下記念世界文化賞を受賞し、2016年女性画家としては4人目となる文化勲章を受章した。

贋作展覧会の主催者は電話取材に応答もなし

前代未聞の贋作だらけの展覧会がなぜ中国で開かれたのか?

取材スタッフが長沙市で行われた展覧会の主催者に電話取材を行ったが、電話は鳴るものの誰も出なかった…

去年、東京都内にオープンした草間彌生美術館。

今回の贋作報道に美術館を訪れた草間ファンは…
やっぱり本物を見てほしいですね」「またかって感じがしますね。残念です」と話していた。

草間さんの代理人が中止を求め、法的措置も

小野寺良文弁護士は「中国での草間さん人気に便乗した非常に悪質なケース」とした上で、草間さん本人の意向として「贋作がたくさん作られて草間先生の作品として展示されていることを非常に残念に思っておられて、一刻も早く中止していただきたいと願っておられます」と話していた。

このような事態を受け、代理人弁護士は展覧会の中止を求め、会場側もそれに同意。今後首謀者が特定でき次第、刑事・民事両面で法的措置を進める方針だ。

(プライムニュースイブニング10月25日放送より)

プライムニュース イブニングの他の記事