あの頃、なりたかった自分になれる…「大人のキッザニア」に予約希望殺到!

カテゴリ:地域

  • 子供向け職業体験アトラクション「キッザニア」に“大人デー”が登場
  • 予約開始からわずか1日でチケット完売!
  • 人気の職業が約100種類 制服もバッチリ決めて楽しめる

大人専用!職業体験イベント

子どもの頃、なりたかった職業は何だろうか?

最近では、YouTuberが「子どものなりたい職業」で上位にくるなど、時代の移り変わりものぞかせる“憧れの職業”だが、その憧れを叶えられた人は少ないのではないだろうか。

そんな中、今でも「本当はこんなことがやってみたかったんだよなあ…」とボンヤリ考えてしまう人に朗報のイベントが開催されることになり、話題になっている。
それが、KCJ GROUP株式会社が仕掛ける「大人のキッザニア」だ。(12月13日(木)開催)

子どもと利用したことがある人も多いと思うが、東京と兵庫にある「キッザニア」は、約3分の2のサイズで作られた街の中を歩き回り、専門的なツールやリアルな設備を使った職業体験ができる、子ども向けの施設。
警察官になって事件の捜査、シミュレーターを使った電車の車掌、消防士として消火活動…などなど、約100種類の体験プランが用意されているのだ。

たとえば、テレビ局のエリアひとつでも「出演者」となってニュース原稿を読み上げたり、「カメラマン」となって実際のテレビカメラを操作したり、「音響エンジニア」として音響機材のツマミをいじってみたり、ビシバシと進行を仕切る「ディレクター」になったりもできる。

体験を終えると「お給料」として施設内で使える「キッゾ」という通貨が貰え、そのお金を使って別のアトラクションに参加したり買い物をしたりと、経済の流れを体験することもできる。

ただ、「キッザニア」では通常、3~15歳の子供以外は職業体験をすることができないので、その“大人版”が今回、兵庫の「キッザニア甲子園」で開催される「大人のキッザニア」というワケだ。

わずか1日でチケット完売!

童心に帰れそうな夢のイベントとあって、10月24日から始まった予約には開始直後から希望が殺到。
アクセスの集中で一時ウェブサイトが繋がりにくい状況になるほどの反響があり、わずか1日でチケットは完売した。

SNSでは「小さい頃は学校の先生に憧れてたなあ」「ケーキ屋さんに挑戦したい!」など、懐かしみつつ期待する声だけでなく、「バーのマスターやってみたい」「FBIになりたい」など、大人ならでは?の渋い希望や、「『大人』とついてるからにはクレーマー対応とかもするの?」と心配する声も挙がるなど、早くも盛り上がりを見せている。

ちなみに、1995年の子どものなりたい職業調査(小学4~6年生)では、男の子は1位「スポーツ選手」、2位「会社員」、女の子は1位「学校の先生」、2位「看護師・保育士」(内閣府「平成7年度 青少年の生活と意識に関する基本調査」)で、現在のキッザニアでは体験できない職業もあるが、果たして、内容も“大人向け”になっているのだろうか?
KCJ GROUPの広報担当者にお話を聞いてみた。

大人も「制服」を楽しめます

――なぜ今回、大人をターゲットにした企画を?

「キッザニア甲子園」が10周年を迎えるにあたり、特別イベントとして開催することにいたしました。

キッザニアは、楽しみながら社会のしくみを学べる職業・社会体験施設で、「こども達の生きる力を育む」をコンセプトにしています。
ふだんはこども同伴でなければ入場できないキッザニアに、大人だけで入場できる日を設けることで、キッザニアのコンセプトを、よりたくさんの皆さまにご理解いただきたいと考え、このたび大人もこどもと同様の体験ができる機会を設けさせていただきました。

現在、企業の研修など大人数向けの「貸切プラン」を予約すれば大人でも職業体験が可能だが、今回のような、プランを利用せずに大人たちが楽しめるイベントは初の試みだという。

普段は9時~15時・16時~21時で客を入れ替えて営業しているが、今回は京阪神エリアに勤めるビジネスマンが仕事帰りに立ち寄る、というシーンを想定して、平日16時~21時での開催になったという。
なお、途中入場も可能だというので、当日“リアルのお仕事”が忙しかった人たちも安心だ。

「大人のキッザニア」体験イメージ図

――職業のバリエーションや難易度など、内容も“大人向け”になる?

今のところ、通常のアクティビティと同じ内容の予定ですが、体験いただける人数など、運用を変える可能性もございます。


――コック帽に消防服など、大人でも色々な制服は着られる?

キッザニアには、学校の課外活動の一環としてなど、中学生のみなさんが日ごろから来場している関係で、大人と同様のサイズのユニフォームも用意しています。


――初の「大人専用」、チケット即完売の人気でしたが…

たくさんの反響をいただきました。
アクセス集中により繋がりにくい状況が続き、お客様には多大なるご迷惑やご不便をおかけしてしまいましたことを、深くお詫び申し上げます。
当日券の販売は今のところ予定はしておりません。


残念ながら当日券の販売はなく、キッザニア甲子園での第2回の開催は未定とのこと。
しかし、詳細な日時は未定だが、キッザニア東京にて2019年の1~3月の間で同イベントを予定しているとのことなので、今回チケットが取れなかった人は期待したいところだ。

子どもたちにとっては「これから何になろう?」と考えるきっかけになる職業体験だが、大人たちにとっては「あの頃これになりたかった」と思い出し、大人になった今だからこその楽しみ方があるのだろう。

SNSでなぜか希望の声が多数挙がっていた「裁判所から『勝訴』の紙を広げて出てくる人」など含め、“大人用”の特別なアクティビティはないというが、どうにもオトナごころをくすぐる夢のイベント。当日の盛り上がりに注目だ。