「テーマ」を選んで分散投資!LINEならではの“モバイル投資サービス”の狙い

  • LINEがオンライン証券会社と「LINEスマート投資」を開始
  • 「個別銘柄」ではなく「テーマ」を選んで分散投資がポイント
  • 投資初心者でも始めやすい1株単位10万円前後から取引可能

LINEがオンライン証券会社と組み新サービス開始

LINEによる新しい“モバイル投資サービス”が10月18日から始まった。

オンライン証券会社「FOLIO」とタッグを組み、若年層などを狙った「LINEスマート投資」。

株の売買などの証券取引がスマホ上で可能になる。

LINEの出澤剛社長は、「投資というものをもう少し生活する人、ユーザーの人の生活圏に入れていくというところにアプローチしたい」と話す。

「個別銘柄」ではなく「テーマ」を選んで分散投資がポイント

LINEアプリのウォレットからスマート投資を選択すると、個別銘柄でなく「子育てを楽しく」「アンチエイジング」「VR」「コスプレ」といった時代のトレンドや個人の趣味などに合わせた、約70のテーマが並んでいる

あとは、その中から投資したいテーマを選ぶだけ

例えば「すし」というテーマを選ぶと、すしに関連した企業10社の株式に自動的に分散投資される

初心者でも始めやすい1株単位10万円前後から取引可能に

実は、この分散投資がポイント

初心者でも価格変動によるリスクを比較的抑えることができる

さらに、日本での株投資は、1口につき100株からの取引が主流だが、LINEスマート投資では1株から取引可能

アプリから10万円前後で投資ができるとあって、投資初心者でも始めやすい仕組みとなっている。

出澤剛社長は、「日々の生活のお金の入り口になってくるというところが狙い。分散投資されているので、初心者・未経験でも入りやすいのでは。今後の計画としては『LINE』なので、もう少し金額のハードルを下げていって、気軽に投資を体験できるということも検討していく」としている。

生活に身近なサービスを「LINE Pay」とひもづけることでユーザーを増やし、囲い込みたいLINE。

「個人投資家の数を世界水準ぐらいにもっていきたい」

一方、「FOLIO」の甲斐真一郎社長は、「今までの証券会社は、多くの人たちに接点がなかったと僕は思っていて、そこの『接点作り』が今回、初めてできてきているのかなと。貯蓄が投資に変わるような施策をいろいろ打っていって、個人投資家の数を世界水準ぐらいまでにもっていきたいなと思っている」と話す。

月間7,600万人以上のユーザーを武器に、LINEを中心とした経済圏が構築できるのか?

両社のタッグに注目が集まっている。

NewsPicks最高コンテンツ責任者の佐々木紀彦氏は、「LINEは今様々な金融サービスを拡大していて、証券は野村證券、保険は損保ジャパンなど金融事業を強化している。そういった意味でも明確な戦略だと思う。ただ、投資に関しては初心者は知識が必要。ラインはニュースやマガジンなど情報も発信しているので、一緒に金融の知識も高めるような情報を発信したほうが安心して使えるんじゃないかと思う」と指摘する。

(「プライムニュース α」10月18日放送分)

プライムニュース αの他の記事