有村架純おっちょこちょい秘話「全然知らない人の手を握っていた」

  • 有村架純がシングルマザー役を熱演 
  • もし他の職業を選ぶならカウンセラー
  • 有村のおっちょこちょいな秘話披露

有村架純がシングルマザー役を熱演

映画「かぞくいろ ーRAILWAYS わたしたちの出発ー」の完成披露試写会が10月18日東京・新宿で行われ、有村架純(25)さん、國村隼(62)さん、歸山竜成(11)くん、青木崇高(38)さんらが登場した。

映画は人気シリーズ「RAILWAYS」の最新作。最愛の人が残してくれた血のつながらない3人の家族の再出発を描いた感動ストーリーだ。

もし他の職業を選ぶならカウンセラー

イベントでは映画にちなんで、今と違う職業になるとしたら?との質問に…

有村架純
体に対する悩みとか改善したいとかいう人の相談を、私も体について悩むことがあるので そういう人たちを助けたい

カウンセラーになりたいと明かした有村さん。映画としては初となるシングルマザー役を熱演

有村架純
私もまだ母親という役割をしたことがないし、家庭を持ったこともないですし、家族とは何かって私もわからない中で、晶(役名)もわからないとなると一緒に併走するというか寄り添っていくのが一番いいかなと思ったので…

有村のおっちょこちょいな秘話披露

映画は「家族」がテーマということで思い出を聞いてみると…

有村架純
私は家族で出かけていた時にいつも小学校低学年の時に父親の手を迷子にならないように手をつないで歩いていたんですが、ある時父親の手を離して普通にボーっと歩いていたんですよ。パッと手をつかんだら全然知らない人の手を握っていて「ハッ誰?」みたいな感じになったのを思い出しました

堤礼実アナウンサー:
映画は有村さん、國村さん、そして歸山くんの3人が家族としての絆を深めていく作品なんですが、一足先に拝見したんですけれど、本当に映像の美しさもあって涙が止まらず、久々に映画を見てティッシュが手放せないという状況に陥りました。

(めざましテレビ10月19日放送より)

めざましテレビの他の記事