松居一代が今度は仮想通貨でトラブル。イベントドタキャンで4億円分MINDOLの行方は?

  • 仮想通貨『MINDOL』 イベントで2度のドタキャンの松居一代さん
  • 2度目は宣伝費として4億円分の仮想通貨を受け取っていた
  • 直撃に対して松居一代さんの答えは…

「私はどんな時も、いつも胸を張って、人様に後ろ指を指されるような生き方はしておりませんので。だから大丈夫です」とめざましテレビの取材に笑顔で語った、女優の松居一代さん。

めざましテレビが松居さんに尋ねたのは、9日発売の写真週刊誌フライデーが報じている『松居一代 今度は仮想通貨で4億円の金銭トラブル』の事実関係についてだ。

仮想通貨『MINDOL』を巡るトラブル

今回、松居さんとトラブルとなっているというのは、仮想通貨『MINDOL(ミンドル)』を運営するMINDOL HOLDINGS LIMITEDだ。日本のアニメやハリウッド映画に出資し、将来はゲームの中でも利用できる通貨にしたいとしている。
街中ではまだあまり知られていないこの仮想通貨『MINDOL』だが、それもそのはず、実は今年2月に設立したばかりの会社だ。
そこで、知名度を上げるために起用を考えたのが、人気ブロガーでもある松居一代さんだったという。

今年4月の初対面での様子について、MINDOL社の幹部は「『私がやったら間違いなく大成功するわよ』と言っていただけましたし、お会いした時もまともな印象を受けました」と振り返る。

松居さんは投資にも前向きで、今年5月のパーティーでも広告塔として活動することも快諾したという。しかし、パーティー当日。芸能人や資産家など250人が集まる中、なぜか姿を見せなかったという松居さん。
その後、ドタキャンを謝罪し、6月6日のブログには、

「実はあたし…仮想通貨に参入したんです
ミンドルさんに賭けてみますね」

と綴り、MINDOL社によると、松井さんは自腹で3000万円分のMINDOLを購入していたという。

上場で莫大な利益も、2度目のドタキャン

しかし、ITジャーナリストの三上洋氏が「コインチェックの事件以降、日本の仮想取引所というのは、非常に規制が厳しくなっています」と話すように、日本では今、仮想通貨に逆風が吹いているため、MINDOL社は、9月に香港の仮想通貨取引所への上場を選択。

そのことで、仮想通貨MINDOLの価値は、上場で5~6倍に上昇し、松居さんの持つ3000万円分のMINDOLの価値も一気に跳ね上がった。

10月1日には松井さんもブログで、

「これは、奇跡です
本当に仮想通貨が化けちゃっているんですょー」

と、喜びを隠せない様子だった。

一方でその頃、MINDOL社が上場を記念して、ニューヨークでのパーティーを企画したところ、松居さんは複数のユーチューバーを連れての参加を約束していたという。
このとき、宣伝費として支払われたのが、今回問題となっている『4億円分の仮想通貨』だった。
しかし、今年5月のパーティ同様、またもや姿を現さなかったという松居さん。

MINDOL社は「『ドレスがない』『迎えに来るリムジンの色が違う』などと突然それを理由にして断ったという事実がある」と憤る。さらに、「非常に腹立だしいですね。MINDOLの仮想通貨を返して欲しい」と宣伝費として支払われたMINDOLの返還を求めている。

送られたはずの内容証明…

そこでMINDOL社は、松居さんが宣伝活動を怠ったとして、支払った4億円分の仮想通貨の返還を求める内容証明を10月に送った。

一方で昨晩、松居さんにその内容証明について尋ねると、「ははは!内容証明郵便なんて来てません!(Q.来ていないんですか?)ハイ、来ておりません。だから私はどんな時も、いつも胸を張って、人様に後ろ指を指されるような生き方はしておりません」と笑顔で答え、颯爽とタクシーに乗り込んだ。

松井さんは身の潔白を主張したが、MINDOL社は今後法的措置も検討しているという。

松井さんは、また裁判で戦うことになってしまうのだろうか…。

(「めざましテレビ」11月9日放送より)

めざましテレビの他の記事