新人王戦の決勝相手は「藤井七段キラー」!? 最年少“新人王”に導いた勝負メシとは?

  • 将棋の藤井聡太七段が16歳で新人王獲得!最年少記録更新は31年ぶり
  • 相手は「藤井キラー」井上一門の出口若武三段…2人の“勝負メシ”は?
  • 風邪にも打ち勝っての優勝「さらなる活躍ができるよう頑張っていきたい」

スピード昇進で新人王戦は今回がラストチャンス!

16歳の天才棋士・藤井聡太七段が新たな偉業を達成した。
10月17日新人王戦の決戦を制し、新人王に輝いたのだ。

これは、1987年に17歳0か月で優勝した森内俊之九段(48)の最年少記録を31年ぶりに塗り替える快挙。
藤井七段は、「優勝という形で(新人王戦を)卒業できたのはうれしく思います」と語った。

藤井七段と出口若武三段(23)による新人王戦の決戦の舞台となったのは、大阪市の関西将棋会館。
第1局で先勝した藤井七段が新人王に王手をかけ、17日の第2局に臨んだ。

これまで羽生善治竜王(48)や佐藤天彦名人(30)も獲得してきた一流棋士への登竜門ともいわれるタイトル「新人王」

ベスト8に終わった去年のリベンジを図りたい藤井七段は、今年5月に七段へとスピード昇進したことで、新人王戦に挑むのは今回がラストチャンスだった。

今年2月に行われた全棋士が参加した朝日杯で初優勝した会見では、「今回こうして優勝することができましたが、まだまだ自分に足りないものが多いと思っているので」と話していた。

新人王戦は、藤井七段にとって2度目の優勝をかけた戦いでもあったのだ。

対戦相手は相性が悪い「藤井キラー」の一門!?

出口若武三段(23)

新人王の前に立ちはだかる出口若武三段は、まだプロにはなっていないものの藤井七段にとって相性が悪い相手ともいえる。

今年3月、16連勝中だった藤井七段が敗れた相手は、井上慶太九段(54)。
実は、その井上九段率いる一門との対戦成績はこれまで1勝4敗とふるわず、井上一門「藤井キラー」ともいわれている。

そして、新人王戦決勝の相手である出口三段もまた、「藤井キラー」一門の1人なのだ。

風邪気味の藤井七段が選んだ勝負メシはお弁当と温うどん

勝てば、新人王が決まる対局。

藤井七段は、いつも通り熱いお茶をひと口すすってから、落ち着いた様子で最初の駒を動かした。
その後、報道陣が退室するとマスクを取り出し鼻をかむなど、ちょっと風邪気味の様子。

そんな藤井七段がランチに選んだ“勝負メシ”は、お弁当と温うどん

出口三段
“の勝負メシ”は、しょうが焼きだった。

藤井七段の勝負メシ「お弁当と温うどん」

注目の対局は早いペースで進み、形成は徐々に藤井七段に傾いた。
そして、開始からちょうど5時間が経った午後3時、出口三段が投了。

藤井七段が105手で出口三段を破り、16歳2か月で史上最年少の新人王に輝いた

「ちょっとひどい内容になってしまった…」と対局を振り返った出口三段。

一方の藤井七段は、マスクの理由について「先週末に風邪を引いてしまいまして、ただ今はほとんど治ってきている」と答え、「これを機にさらなる活躍ができるように頑張っていきたいと思います」と意気込みを語った。

数々の記録を塗り替えてきた藤井聡太七段。

最強新人王の快進撃は、まだまだ続きそうだ。

(「プライムニュース イブニング」10月17日放送分より)

プライムニュース イブニングの他の記事