「隕石」が直撃して屋根に穴…これって保険で対応できるの?

カテゴリ:地域

  • 愛知県小牧市で住宅の屋根などにぶつかった石が隕石と判明
  • 損害保険会社「ほとんどの火災保険で支払い対象と考えられます」
  • 隕石に当たってケガをした場合も聞いてみた

愛知県小牧市の住宅に隕石が降ってきたこと判明

愛知県小牧市で9月、住宅の屋根などに上空から降ってきた石がぶつかった。この石を鑑定した結果、宇宙から落ちてきた隕石(いんせき)だということが分かった。

隕石が直撃したのは、9月26日の午後10時半ごろ。突然、激しい衝撃音がしたことから住民が確認したところ、「こぶし大」ほどの大きさの石があったという。近所の住民は、「ガシャーンという音が聞こえた。雨が降ってたから隣の家の雨戸が落ちたんじゃない?なんて言ってました」などと話している。

隕石が直撃して破損した民家の屋根

隕石は1軒目の住宅の屋根に当たったのち、2軒目の住宅の駐車場の屋根を突き破り、車にも接触。さらに、はずみで玄関近くに落下したとみられていて、あわせて3つが見つかっている。最も大きなもので約10センチ、重さは550グラムあった。

なお、国立科学博物館はこの石を「小牧隕石」と名付けた上で、国際隕石学会に申請する予定だ。登録されれば国内で52番目の隕石になるという。

自宅に隕石が落ちて来るなんて誰が予想できるだろう。そして気になったのが、このような珍しい状況での建物の破損を保険で対応できるのかということだ。

火災保険などを取り扱う東京海上日動火災保険の担当者に聞いた。

「ほとんどの火災保険で支払い対象」と考えられる

ーー隕石が建物に直撃して損壊した場合、保険で対応してもらえるの?

隕石が建物に直撃して損壊した場合、火災保険で“建物外部からの物体の落下・飛来・衝突・接触または倒壊による損害”を補償しているご契約については、その“物体”について“隕石”は除外しておりませんので、保険金のお支払い対象となります。ですので、ほとんどの火災保険が対象と考えられます。

ーーこれがもし、大きな隕石が落ちた衝撃波で窓ガラス等が割れた場合は?

隕石の落下と損害の関係を個別に判断させていただくこととなります。「隕石の衝撃波」と「窓ガラスの破損」に因果関係があると判断された場合には、火災保険で“建物外部からの物体の落下・飛来・衝突・接触または倒壊による損害”を補償しているご契約については、保険金のお支払い対象となります。

ーーでは、隕石落下による地面の揺れで建物が倒壊したとしたら?

「隕石の落下」と「地面の揺れによる建物の倒壊」についても同様です。なお、“建物外部からの物体の落下、飛来・衝突・接触または倒壊による損害”に該当しない場合であっても、“その他偶然な破損事故等による損害”を補償しているご契約については、その部分で補償することがあります。

ーー隕石は駐車していた自動車にも接触したようだが?

自動車保険に自動車本体の損傷をカバーする「車両保険」が付いていれば、車外からの物体の落下・飛来による損害はカバーされます。火災保険同様に隕石は除外されておりません。

生命保険でも「基本的には支払い対象となります」

直撃した隕石の一部(画像:視聴者撮影)

ちなみに、今回は人にぶつかるなどの人的被害はなかった模様。しかし、もし隕石に当たってケガなどをした場合は対応してもらえるのだろうか? 

こちらは明治安田生命に質問したところ、免責事由には該当しないため基本的には支払い対象となります」とのことだった。

国内でまだ約50例しか登録されていない隕石の落下。保険会社によってはケースバイケースで異なる部分もありそうだが、どうやら被害を受ければ基本的には保険の対象にはなりそうだ。