手に取るだけでカロリー表示! Amazon Goとは違う日本コンビニの進化の形

CEATEC JAPAN 2018に見る最新テクノロジー

  • 最新の技術が集まるCEATEC JAPAN2018 が明日16日から始まる。 
  • 高齢化や、人手不足に対応するための技術が多数出展 
  • Amazon Goとは違った日本ならではのコンビのの進化系も! 

“透ける”クルマ

明日16日から千葉県の幕張メッセで開催されるCEATECH JAPAN。最新のITやデジタル家電が一堂に会する技術の祭典だ。
今日、一般公開に先立ち、数多くの“最新技術”が報道陣向けに公開された。
その中でも注目を集めたのが日本初公開の“透ける”クルマ。

ボタンを押すと、前に止まっている車が半透明になり、前の車の前方の景色が見える技術。
渋滞の原因を確認したり、見通しの悪い道路で追い越しを行うときに役立つという。
なぜ、このようなことが可能になるのか?将来的に5Gなどの通信技術を使い、前方車や他の車に搭載されたカメラの映像や、道路に接続されたカメラの映像を複合的に受信することで実現するという。
他にも、ある一定の位置まで車を誘導すると、車両の前後左右に搭載されたカメラと、GPS機能を使い、自動で駐車が可能になる技術も。
車庫入れが苦手な人や、アクセルとブレーキなどの踏み間違えが多くなる高齢者にとって、うれしい技術だ。

手に取るだけでカロリー表示

今回、、シーテックジャパンに初出店となる、大手コンビニエンスチェーンのローソン。
棚から商品を手に取るだけで、その人に合った目標のカロリーと、手に取った商品の合計カロリーを表示してくれる。
商品についている特殊なバーコードを棚に設置された機械が感知してカロリーなど様々な情報を表示する仕組みだ。

また、コンビニ店内に設置された画面を通じて医師と遠隔で言葉を交わし、手元の端末で血圧などを測定すると、その時の体調にあったサプリメントなどを貰うことも可能になるシステムなどが紹介された。

超高齢化社会の到来や慢性的な人手不足に悩む日本。今回のシーテックジャパンにはこうした課題の克服に繋がる技術がほかにもたくさん見られた。
一般公開は明日10月16日から4日間。千葉県の幕張メッセで行われる。

(プライムニュース イブニング 10月15日放送分より)

プライムニュース イブニングの他の記事