三田佳子、心境を語る 「人生とは清濁併せもつもの」

  • 次男が覚せい剤取締法違反で4度目の逮捕・起訴されてから初の公の場
  • 報道陣からの矢継ぎ早の質問には・・・
  • 故・樹木希林さんが出席する予定だった映画祭

京都市内を中心に開催される京都国際映画祭のオープニングセレモニーが西本願寺で行われた。

樹木希林さんの遺作で2019年公開予定の映画「エリカ38」の主演、浅田美代子(62)さんと奥山和由プロデューサーが会見を行い、希林さんが生きていれば、映画祭で制作発表を行う予定だったことを明らかにした。

浅田美代子:
希林さんと一緒に来られるのを楽しみにしていましたが、入院している時も『美代ちゃん、映画祭に行こうね』って言ってくれた時に、本当に涙が出ました。
でも(希林さんが)見てくれてるんじゃないかと思う。

また、国際的に活躍が期待される俳優に贈られる「三船敏郎賞」を佐藤浩市(57)さんが受賞。

そして、映画祭のアンバサダーの三田佳子さんが、先月、次男が覚せい剤取締法違反で逮捕・起訴されて以来、初の公の場に登場、心境を語った。

三田佳子:
清濁併せもって人生というものは作られていくと、私は身をもってつくづくと思う。

その後行われたトークイベントでは、終始笑顔で映画について熱く語ったが、次男についての話は出なかった。

しかし、退場する際に・・・

報道陣からの矢継ぎ早の質問には答えることなく、3度頭を下げ、ステージを後にした。

(めざましテレビ 10月12日放送分より)

めざましテレビの他の記事