柿ピーがご飯のお供に…「粉砕マシン」開発のこだわりポイントは?

カテゴリ:地域

  • 定番おつまみ「柿の種」 を削ってふりかけに…謎のマシン登場
  • こだわりは柿の種とピーナツを均一に削れる専用の刃 
  • 「色々な組み合わせを試してほしい」

「おつまみ」のイメージ覆すマシンが登場

お気に入りの「アレンジレシピ」はあるだろうか?
タカラトミーアーツから発売された、卵の白身をメレンゲ状に泡立てて卵かけごはんを作るマシン「究極のTKG」などは記憶に新しいかもしれないが、そんな「アレンジレシピ」に関して、大手製菓メーカー・亀田製菓株式会社から10月10日に発売された「FURIKAKIX(フリカキックス)」が早くも話題になっている。

この商品、なんと亀田製菓の定番商品「亀田の柿の種」をガリガリと砕き、ふりかけにしてしまうというもの。

使い方はカンタンで、小分けのパッケージ1袋分の柿の種を本体にセットし、フタを左右にひねりながら押し込んでいくと、内側のステンレス刃に砕かれた柿の種とピーナツが“柿ピーふりかけ”になって出てくるのだ。

削られたふりかけは透明な器部分にたまる仕組みで、パッケージ2袋分がストックできるようになっている。
もちろん、お茶碗の上で削り、直接ごはんにかけることも可能だ。
気になる価格は1台1,800円(希望小売価格・税抜)となっている。

この「フリカキックス」は、柿の種の新たな食べ方などを研究する「KAKITANEX LABO(カキタネックスラボ)」という公式プロジェクトの第3弾。
第1弾では新しいフレーバーの開発、第2弾では柿の種を「宇宙日本食」としてJAXAに申請し正式認定されるなど、広がりを見せているのだ。

宇宙に飛び出したプロジェクトに続き、とうとう柿の種お馴染みのフォルムを捨て、ゴリゴリすり潰してしまった第3弾。
一見普通のハンドミルのようだが、こだわりが詰まっているという「フリカキックス」について、亀田製菓と共同開発した博報堂にお話を聞いた。

ポイントは「自分で作る楽しさ」と「アレンジ自在さ」

――柿の種をふりかけにするアイデアはどこから?

SNSで柿の種のアレンジレシピや、創作料理が投稿されていることなどから、アイデア自体は以前よりありました。
「お菓子」「おつまみ」といったイメージは広く認知されていますが、そこに「料理にも使える」「おかずにもなる」という新たな側面をプラスすることで、若者や主婦の方にも楽しんでいただけるように開発しました。

――普通のハンドミルとどこが違う?こだわりのポイントは?

柿の種専用に開発した、特別な刃がポイントです。
柿の種部分とピーナツでは硬さも大きさも違うので、普通のミルを使うと柿の種だけいびつに割れてしまったり、ピーナツが詰まってしまいます。
そのため、刃の鋭利さや穴の数などを調整し、柿の種とピーナツが均一に削れる専用刃を開発しました。
また、柿の種を入れる部分が仕切りで2つに分かれているのもポイントです。この仕切りがあることで、圧が均等にかかるようになっています。

構想は3年ほど、着手してからは1年ほどの開発期間で完成したという、フリカキックス。
「おつまみ」のイメージが強い柿の種だが、SNSで「ちょい足しレシピ」「アレンジレシピ」が広まっていることから、料理のひとつとして食卓に進出することで、若者や主婦にも親しんでもらおうと開発されたのだという。

白が基調のシンプルなデザインもこだわりのひとつで、キッチンに並んでいても違和感のないデザインを目指したそうだ。

――「柿の種ふりかけ」を発売するのではなく、自分でふりかけを作るマシンにしたのは何故?

自分で作れる・アレンジできる」ということを重視したためです。
2袋分のふりかけがストックできる構造になっていますが、たとえばプレーン味のものと「わさび味」のものをミックスして削ったり、出来上がったふりかけにごまや唐辛子などを混ぜるなど、自分で好きな味を探して組み合わせられるようになっています。
商品そのものではなく、「自分で1アクション加える」という楽しさも味わって頂きたいと思います。

そのため、「削り心地の気持ちよさ」ということにもこだわっています。
自分で削る事で「削りたての香り」も楽しめるので、食欲をそそる商品になっています。

公式WEBサイトより

SNSでは「柿の種ふりかけ」を個人的に作っていたユーザーたちが「前からやってたよ!」と声を挙げる一方、「お米にお米をのせて食べるのか…」「これはやってみたい」など、興味津々の声も寄せられた。
ちなみにこのフリカキックス、“柿の種専用”ではあるものの、様々なお菓子で試せるとのことで、自分だけの“オリジナルブランド”を作ってみるのも面白いかもしれない。