トレンディエンジェル斎藤“娘が持ってきてくれたプレゼント” 悪役でミュージカル初挑戦!

  • ミュージカル「レ・ミゼラブル」の新キャストのお披露目会見
  • オーディションを突破しトレンディエンジェル斎藤司が勝ち取った役は「悪役」
  • 「娘が持ってきてくれたプレゼント」と喜び語る

「レ・ミゼラブル」の新キャストにトレエン斎藤

ミュージカル「レ・ミゼラブル」の新キャストのお披露目会見が10日、都内で行われた。

「レ・ミゼラブル」は、1987年の日本初公演以来、30年以上も愛され続けるミュージカルの金字塔だ。

会見にはお笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斎藤司(39)さんも登場した。
斎藤さんは、経験豊富な俳優陣に交じりオーディションを受け見事に突破。勝ち取った役は、宿屋の主人で“悪役”のテナルディエだ。

初ミュージカルは「娘が持ってきてくれたプレゼント」

今年6月に第1子が誕生した斎藤さんは…

斎藤司(トレンディエンジェル)
やっぱり子どもが生まれると運気が上がるというのが芸人の中で伝説としてありまして、だから本当に娘が持ってきてくれたプレゼントだなって僕は思っているので、とりあえず毎日宿屋の主人の歌を娘に歌っているんです。
まあ、“くすねたり”とかいい歌詞ではないんですけど、とにかくあとは頑張らなきゃという感じです。

「めちゃくちゃプレッシャー」

そんな斎藤さんに、「めざましテレビ」が初挑戦の思いを聞いた。

永尾亜子アナウンサー:
やっぱりプレッシャーもあるんじゃないですか?

斎藤司
めちゃくちゃありますよ

斎藤司
別の番組で高嶋政宏さんに会って、(高島さんは)昔レ・ミゼラブルに出られたらしいんですけど、「お客さんからの出待ちの時のダメ出し、これが本当に怖いから気をつけろ」というのをすごく言われて。
やっぱりファンが愛していますからね、この作品は。     

斎藤司
映画とか見て、原作を知っていて、これ全然違うじゃんみたいなこと、よくあるじゃないですか。そうならないようにしたいですよね。
それもいいじゃんという感じになるように努力しなきゃなと思います。

「ぺ・ミゼラブルにならないか…」

斎藤さんには本番前にひとつ気がかりなことがあるという。

斎藤司
(共演者で)たまにいるんですよ。何かを事件を起こそうという大人がいて、「ちょっと斎藤さん、(アドリブで)ペッとか言ってみてください」とか言いながら、そのまま(触れずに)ながしちゃうみたいなところがあるので、だから今回もぺ・ミゼラブルにならないか、そこがちょっと観ていただきたいところですね。

(「めざましテレビ」10月11日放送より)

めざましテレビの他の記事