“のど飴”退席騒動 龍角散「こっそりなめられる」新商品で反撃

  • 熊本市議会で「のど飴」 をなめながら質問しようとして退席に
  • 龍角散の公式ツイッターが「こっそりなめられる」と動画公開
  • 龍角散に騒動を逆手に取った動画を公開したワケを聞いてみた

「ゴホン!と言えば」のフレーズでおなじみの龍角散の「のど飴」。江戸末期に誕生したという龍角散が、今インターネットで注目を集めているワケは、9月28日の熊本市議会にあった。

熊本市議会議長から本会議中に飴をなめながら登壇したと指摘されたのは緒方夕佳市議。議会が紛糾し暫時休憩となった。

「せきが出ないように“のど飴”をなめていた」という緒方市議がなめていたのが、龍角散ののど飴だったのだ。

緒方市議は「議場にて咳き込まないようにスムーズに質疑が行われるように」と正当性を主張したが、議場から退席させられることになった。

この騒動を受けて、10月5日龍角散のツイッターの公式アカウントに掲載された動画では…

「しゃべらなきゃならないけど、のどすっきりしたいとき 龍角散ののどすっきりタブレット 小粒だから食べながらでもほら」

「実はこっそりなめていました」というキャッチコピーを使い、先月発売した新商品を改めてPR。

タブレットタイプのため、のど飴と比べてはるかに小さく、1粒の大きさは8mmほど。「#退席せずにのどすっきり のど飴より小粒だから、舐めてても喋れる!」と紹介した動画の再生回数は、既に60万回を突破している。

このツイートに対しては、

「龍角散、攻めるなあ 応援します」
「市議会バージョンを作っていただきたい」
「社会問題をユーモアで上手に利用する広告って、近年ではすごく珍しい気がする」

などといった反応が…

“のど飴”を巡る熊本市議会の騒動に一石を投じた龍角散の開発本部長に話を聞いてみると…

「弊社ののど飴が退席の原因の一つになっているということから、もともと口の中に入れながら、こっそり食べられるタブレットっていうものもありますし。正確な情報をお知らせしようと思って始めました。のど飴自体が悪者になるっていうのは私としてはしのびなかったので、きちんとしたマナーを守っていただきながら、のどケアをしていただければなと思います」

ということだった。

(プライムニュースイブニング10月10日放送より)

プライムニュース イブニングの他の記事