アマゾンの弱者ヒアリに、超ブラック企業のハキリアリ。博士が教える「アリの社会性」

  • ハキリアリは人間以外に唯一農業。「これはバカにできない!」
  • ハキリアリの女王は一度の交尾で生涯に2億の卵を産む!?
  • 20年も子どもを産み続ける女王アリは最初から特別なの?

文化放送「The News Masters TOKYO」マスターズインタビュー。

今回のお相手は、行動生態学・社会生物学研究者で九州大学の「持続可能な社会のための決断科学センター」准教授・村上貴弘さん。

ハキリアリというアマゾンのアリを研究する村上さん、アリ柄のTシャツにリュックというスタイルで登場。

博士というより、探検家のようだが、ジャングルでアリに噛まれつつ、巣穴を掘るフィールドワークの猛者だと思えばうなずける。

パーソナリティのタケ小山も同じアウトドア派、旧知のような打ち解けた雰囲気で話が始まった。

どうしてそんなにアリが好きなんですか?タケは率直に聞いてみた。

「人間以外の社会性をもつ生き物に興味がありました。鳥や小動物、魚の行動は、人と共通点が多く、なんとなく理解できてしまう。ところが、昆虫は特にアリは、想像を絶する暮らしをしています。その中でもハキリアリは、人間以外に唯一農業をする生物。これはバカにできないぞと、研究を始めました」

以来、20年以上、村上さんはアリの生態や社会の仕組み、進化の過程などを研究している。

今は日本の大学に所属しているが、今でも年に何回か中南米のジャングルでアリの巣を掘っているそうだ。

アリと言えば、フロリダのゴルファー時代、タケ小山はさんざんアリに噛まれた経験がある。

昨年そのアメリカで猛威をふるう害虫「ヒアリ」が日本にも上陸し、ひとしきり話題になった。村上さんは70回以上刺されているが、毒があるので刺されると腫れるものの、必ずしも全員が重症化するわけではないそうだ。

「昨年は日本に上陸したというので、ヒアリについて300件以上の取材依頼がありました。ヒアリはアマゾン原産で、1940年代にアメリカに上陸して大繁殖しています。外来生物は新入地で進化する傾向があり、ヒアリも、現地では弱いんですが、新天地で毒が強くなっています。駆除が難しく、アメリカでは経済被害が年間5000~6000億円、これまでに100人くらいの方が亡くなっています」

日本に上陸して、繁殖してしまうと、在来種が駆逐されてしまい、農業被害も懸念されて一大事。

自治体に駆除の指導をしたり、コンテナの業者にアドバイスしたりしているのだそうだ。ヒアリは怖い、それでもアマゾンでは弱いアリ?

では、強いアリっていうのは?

「熱帯雨林にいるグンタイアリは、毎朝10時半ごろがお食事タイムで、黒い動くじゅうたんのように広がって、そこにいる小動物を食べつくしてしまいます。もっと強いのがパラポネラというアリで、体長が3センチくらい、毒針に触れただけで3日くらい手が閉じられないほど腫れる猛毒を持っています」

中南米のアリの中で侵略的外来生物に変貌したのは比較的弱いアリたちで、強い種類のパラポネラやハキリアリが外来生物になって中国や日本にやってくる可能性は低い。

原産地では弱くても、ヒアリのように侵略的外来生物になってしまった昆虫には警戒が必要だ。外来生物の問題は、たびたびニュースになるが、爬虫類や魚類だけではなく、昆虫でも日本の固有種にとって深刻なのだ。

農業をするアリ「ハキリアリ」の女王は、一度の交尾で生涯に2億の卵を産む

昆虫好きなら、図鑑などで見たことがあるかもしれない。

切った葉を運ぶアリの道をたどると巣が見つかる。巣穴を掘ると白いキノコ畑が…。村上さんは中米のジャングルで巣穴を堀り、アリの巣やキノコ畑を収集して、研究のために飼育している。

日本では、他に多摩動物公園の昆虫園でも見ることができるそうだ。

「ハキリアリの巣には100万個体の働きアリがいて、中心は一匹の女王アリです。巣は大きいもので10メートル×10メートル×5メートルくらいあります。巣の中には、数千個の畑があって、巣は20年くらいもつんですが、その間に3.5トンくらいの大量のキノコを栽培します。

女王アリの寿命も20年くらい、カナブンくらいのサイズです。一生に一度複数のオスと交尾をして、生涯でおよそ2億個の卵を産みます。大量の精子を体内に常温保存し、小出しにして子どもを産み続けるんです。

ハキリアリの食べ物はキノコなんですが、食べるのは女王と幼虫がほとんど。働きアリは3か月で死んでしまいます。そんな超ブラック企業みたいな社会で、変わらずに5000万年も生き続けている不思議な昆虫なんですよ」

20年も子どもを産み続ける女王アリは、最初から特別なのか?タケは興味を惹かれる。

「いい質問ですね、実は女王を決める遺伝子などは、発見されていません。どの幼虫が女王になるかは、働きアリが与えるキノコの量でコントロールしているようですが、決め手はよくわかりません。働きアリも10種類ほどいて、役割で大きさや形が違うのですが、幼虫の時に与えるキノコの量で変わってくるらしい...ことはわかっています」

興味深い研究対象ではあるが、南米では農業害虫で、オレンジや葉物野菜、コーヒーの葉に被害があり、膨大な予算を割いて駆除しなくてはならない大問題なのだ。

ところで、そのキノコはどんな味なのか?タケが気になって聞いてみると…。

「まずいんですよ(笑)。食べてみたんですが、かび臭くて。おいしかったらよかったですね。ちなみに女王アリはピーナッツのような味で、食べられます。多産の象徴で縁起がいいので、引き出物などに贈られるようですね。」

中南米ではハキリアリは悪者ですが、研究者としては、研究を平和的な駆除に還元したいですね。ハキリアリはサクラが嫌いなので、サクラに含まれる『クマリン』という物質を畑にまくなど、農薬を使わない方法を提案するとか、考えていきたいと思っています」

文化放送『The News Masters TOKYO』のタケ小山がインタビュアーとなり、社長・経営者・リーダー・マネージャー・監督など、いわゆる「リーダー」や「キーマン」を紹介するマスターズインタビュー。

音声で聞くには podcastで。
The News Masters TOKYO Podcast 

文化放送「The News Masters TOKYO」
http://www.joqr.co.jp/nmt/ (月~金 AM7:00~9:00生放送)

こちらから聴けます!→http://radiko.jp/#QRR

パーソナリティ:タケ小山
アシスタント:文化放送アナウンサー 西川文野(月~木)/長麻未(金)

「マスターズインタビュー」コーナー(月~金 8:40頃~)

The News Masters TOKYOの他の記事