孫社長も驚く“移動型オフィスや診察室” トヨタとソフトバンクが新会社設立

カテゴリ:国内

  • トヨタとソフトバンクが自動運転EVによる新会社設立を発表
  • トヨタの次世代EVとソフトバンクのAI技術で新サービスを展開
  • 病院への送迎中に診察したり、車自体が移動型オフィスやホテルに

10月4日、壇上で握手したのは、トヨタ自動車の豊田章男社長と、ソフトバンクグループの孫正義社長。トヨタとソフトバンクの強力タッグで、自動運転EV(電気自動車)による新サービスの事業展開を目指す。

未来のモビリティー社会を実現へ

豊田社長は、「ソフトバンクとの提携が重要な鍵を握っている」と訴え、孫正義社長も「世界のトヨタさんと私どもが提携し、一緒に事業を開始できる」と話した。

自動車業界トップのトヨタと日本の通信業界3大手の1つ、ソフトバンクが発表したのは、提携して始める共同事業と、そのための新会社の設立だった。
その新会社「モネテクノロジーズ」は、2018年度中に全国の自治体や企業向けの配車サービスを始める。

豊田社長は「『なぜソフトバンクとトヨタが?』、そんな疑問を持たれた方が、たくさんいらっしゃるのではないかと思います。まだ見ぬ未来のモビリティー社会を現実のものとするための提携だと考えております」と話す。

車が移動型オフィスやホテルに

2020年代半ばまでに、トヨタが開発中の自動運転で走行する次世代のEV「イーパレット」と、ソフトバンクのAI(人工知能)技術を使った新たなサービスを展開するという。

例えば、顧客のもとに移動して料理を提供したり、病院への送迎中に診察を行う、さらには、車自体が移動型オフィスやホテルにもなる新時代のサービスを提供するとしている。

孫正義社長は、「最初に聞きました時には、『本当か?』とちょっと驚いたというのが正直な感想ですが、同時に、いよいよかという思いもありました」としている。

日本を代表する2社の提携で、カーシェアリングの普及や自動運転の台頭などで激変する自動車業界での主導権争いを勝ち抜きたい考えだ。

Uberと組むソフトバンクが一番の強力パートナー

NewsPicks最高コンテンツ責任者の佐々木紀彦氏は、「印象的だったのは天下のトヨタ側からソフトバンクに声をかけたこと。20年前は孫さんからトヨタに申し込んだが断られたという逸話も紹介していた。ソフトバンクは通信事業だけでなく世界中に投資してパートナーを持っている。例えばUberであるとか配車プラットフォームのほぼ90%のシェアを持っているので、ソフトバンクが一番の強力パートナーになると考えたんだと思う」と話す。

そして「時価総額1位と2位がトヨタとソフトバンクなので日本を代表する企業が組んで世界に挑むことになる」と期待を寄せた。

(「プライムニュース α」10月4日放送分)

なんでもAIの他の記事