7億人超が旅行する国慶節。それでもインバウンドを中国人観光客に頼ってはいけないワケ

カテゴリ:国内

  • 国慶節で中国人の海外渡航先1位は日本
  • アメリカとは違い、ほぼノービザの国が選ばれている
  • 中国の外務省が「文明的な旅行をしろ」と国民に呼びかけている

10月1日、中国では建国記念日にあたる国慶節を迎え、日曜までの大型連休に入った。
今年、国慶節における国内旅行者の数は約7億人。また、中国本土以外の旅行者は過去最多の約700万人となっている。
インバウンドに期待する日本人も多いと思うが、ジャーナリストの有本香は注意を促す。
(聞き手:ニッポン放送『飯田浩司のOK!Cozy up!』飯田浩司)

中国外務省「文明的な旅行をしろ」

飯田:
中国の大手旅行会社Ctripによると、大型連休の中国本土以外、海外の人気旅先1位は日本だそうです。

有本:
そうですね。有楽町界隈も含めて、毎年この時期になると中国からの観光客が増えます。
国慶節は建国記念日と言われていますが、中国の外務省が国民に「文明的な旅行をしろ」と呼び掛けているのです。外国でマナー違反なことをすると顰蹙(ひんしゅく)を買う場合もありますから。しかし、それに対して「文明的な旅行をしろ」とわざわざお達しするのもおかしな話ですよね。

有本:
また、近場の海外が人気ということですが、貿易摩擦の関係か、やはりアメリカに行く人は少ないという話です。
ただ私はずっと感じていますが、近場と言っても、例えば香港は一国二制度下ですし、タイも早い時期からノービザですから、中国の観光客は行き続けています。中国人にとって非常に身近な、「ちょっと行こうか」という観光地ですよね。韓国も早い時期から中国の観光客が押し寄せている地域です。

中国人の入国に厳しいアメリカ

有本:
一方で、アメリカは中国人の入国が大変です。日本が事実上、中国人の個人旅行を許したときにアメリカは厳しくて、個人で入国するのが大変でした。グループツアーが出始めた10年ほど前も、日本は書類審査でビザが取れましたが、アメリカの場合は、参加者のなかから抜き打ちで領事館へ面接に来いと言う状態です。
むしろアメリカの小売業界などは、爆買い需要がありますので、もっと中国人を入れてくれと政府に要望があったくらいです。逆にここへ来て、アメリカ国内でも中国に対しての警戒感が強まっていることもあり、前ほどそういう声が高いとは聞いていません。そういう意味もあって日本やタイは、中国人にとって来やすいところなのです。

飯田:
来やすいから来る、人気になる、ということですね。

有本:
基本的にビザがいらない、ノービザに限りなく近いですから。

何かあると引き上げてしまう中国人観光客

飯田:
しかし韓国もそうですし、最近だとスリランカやモルディブに中国の観光客が押し寄せると、「お前たち、これで経済を潤してやっているんだぞ」という尊大な態度をとることがあります。「何かあったら引き上げるぞ」という。
尖閣の漁船衝突があったときの日本もそうでしたよね。

有本:
ありました。一気に1万人くらいが来なくなってしまいました。

飯田:
不思議なことが起きますよね。

有本:
今一番それをやられているのは台湾です。蔡英文政権になってから締め上げられています。前の馬英九政権のとき、経済は全部中国頼みになっていました。
特に観光客については、中国頼みという部分がすごくありましたから、そういう点では中国人観光客がいなくなって困る雰囲気もあるのですが、一方で近年、日本から台湾に行く人は増えています。
様々な要因がありますが、中国の場合、国が蛇口を閉めようとしたら実際に止められてしまうという点があります。だからインバウンドが中国観光客頼みになるのは怖いですね。

(FM93AM1242ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』10月2日放送分 )
http://www.1242.com/lf/articles/program/cozy/

ニッポン放送の他の記事