「必ずしも適材適所ではないが」の声も…12人初入閣 第4次安倍改造内閣発足へ

  • 第4次安倍改造内閣が午後発足 初入閣は約3分の2にあたる12人
  • 石破派の入閣は山下貴司氏1人のみ
  • 安倍政権の幹部は「必ずしも適材適所ではないが、やむを得ない人事だ」

安倍総理大臣は10月2日午後、第4次安倍改造内閣を発足させる。
初入閣は約3分の2にあたる12人と第2次安倍政権以降で最も多くなった。

そして最も注目された総裁選挙で対立した石破元幹事長の陣営からの起用については、ゼロとの見方もあったが、最終的に石破派の山下貴司氏1人が法相に起用された。

今回の人事のポイントについて、フジテレビ政治部の鹿嶋豪心記者がお伝えする。

フジテレビ政治部 鹿嶋豪心記者(官邸クラブキャップ)

鹿嶋豪心記者:
今回、初入閣は12人になったが、安倍首相の判断の裏側には様々な葛藤があったようだ。
派閥横断的にいわゆる入閣待機組を多く入閣させたことについて、安倍政権の幹部は、「必ずしも適材適所ではないが、政権が長くなればこうなる。やむを得ない人事だ」と説明した。

また、女性の入閣が片山さつき氏1人に留まったことについて、「閣僚が務まる人材がなかなかいなかった」と述べ、人選に苦慮した内幕も明かした。

別の政権幹部は、「来年の参議院選挙を控えた大きな人事の入れ替えはリスクを伴う」と安倍首相に進言したが、安倍首相は「そういうわけにはいかない」と語ったということだ。

一方、石破派から唯一、当選3回の山下貴司氏が入閣したことについて、政府関係者は、「排除しすぎると、小池都知事と同じになる。3回生を入れることで石破派のほかの若手を当てこする意味合いもあるのだろう」と指摘している。

安倍首相としては、沖縄県知事選の敗北が尾を引かないよう、総裁選で安倍首相を支持した議員を中心に、政権そのものの土台を立て直したい考えだ。

(「プライムニュースデイズ」10月2日放送より)

プライムニュース デイズの他の記事