JR東日本が異例の対応。電車が運休となった街で何が起きていた?

カテゴリ:地域

  • JR東日本が初めて首都圏すべての在来線で計画運休を発表
  • 普段は賑わう渋谷も午後9時ごろには人の姿もまばらに…
  • 東京ディズニーリゾートも閉園を1時間早める対応

日本列島を縦断しながら、各地に被害をもたらしている台風24号。30日の夜遅くから1日の未明にかけては、関東地方に最も接近した。

この台風の影響により、JR東日本では初となる「首都圏のすべての在来線を午後8時以降運休する」といった対策を発表。

その後、多くの私鉄でも運転が休止となった。

運休後の渋谷駅の様子は…?

列車が相次いで運休となった街では、何が起きていたのか。

30日午後6時ごろの東京・渋谷では、台風が接近する予報が出ていたにも関わらず、日曜日のためか多くの人が訪れていた。

だが、渋谷にある東急百貨店は午後6時で閉店を決定。

買い物をしようと思っていた女性は「いつもは8時までやっているのに。地下の食品売り場で買い物しようと思ったけど、家にあるもので済ませます」と話した。

午後7時ごろになると普段賑わっているスペイン坂の通りも人の姿がまばらとなり、JRが運休を開始する午後8時ごろには、雨の中、駅へと走る人たちがいた。

午後9時ごろには、渋谷駅のシャッターが閉まったが、電車が運休した後に駅を訪れる人もいた。

(左:午後7時ごろ/右:午後9時ごろ)


スクランブル交差点も行き交う人がまばらとなり、午後7時と比べるとかなり減ったことがわかる。

さらに、JRの運休後には渋谷駅に乗り入れている私鉄も早めに運休となったためか、駅前のタクシー乗り場では多くのタクシーが並んでいたが、客の姿はなかった。

タクシー運転手も「需要があると思って(タクシー乗り場に)並んだが、期待外れだった」と肩を落としていた。

初のJR東日本による計画運休の効果があったのか、多くの人が運休前に帰宅したようだ。

また、海沿いを走るJR京葉線で舞浜が最寄り駅の東京ディズニーリゾートでは、午後10時までの営業時間を午後9時に変更。

JR京葉線が午後6時以降で運休するため、列車が運休する前に駅へと駆け込む姿が目立った。

最終の列車に間に合わなかった人たちは「友達の家に泊まります」や「JRで帰ろうと思っていたが運休したので、バスで帰ろうかと…。バスもあるはあるけど、本数が少ない」と話していた。

午後11時ごろの渋谷駅にあるタクシー乗り場

午後11時になると、さらに台風が接近し、猛烈な強風が吹き荒れた。

渋谷駅にあるタクシー乗り場では、数時間前の様子とは一転し、タクシーを待つ行列ができていた。

多くは飲食店に勤務している人たちのようで、電車が運休してしまったため、タクシーで帰ることを選んだようだ。

大型で強い台風24号は、北海道の東へと進み、午後には千島近海で温帯低気圧に変わる見込みだ。

(「めざましテレビ」10月1日放送分より)

めざましテレビの他の記事