客の「インスタ画像」をそのまま店の看板に!人手不足に苦しむ外食産業の“新潮流”

カテゴリ:国内

  • すぐには買えない“客単価が上がる券売機”
  • 人材不足とインバウンド対策として自分のスマホから注文するシステム
  • 飲食業界では、客を“もてなす”だけでなく、“利用する”新たな流れへ

外食ビジネスの最新技術が集まった「外食ビジネスウィーク2018」が東京ビッグサイトで開かれ、国内484社が参加した。

もう一品買わせる券売機

まず目を引いたのが、“客単価が上がる券売機”。
「ラーメン」ボタンを押すと、画面には「他にご注文はございませんか?」 の文言。
トッピングの案内が表示され、すぐには買えない仕組みとなっている。 
 
心の財布の紐が緩んでしまった客に、ついついもう一品買わせる仕組みに、担当者は「すごい時代でしょ~」と思わず笑顔を見せる。

客の“インスタ画像”を表示

一方、こちらは客が投稿するインスタグラムやツイッターなどが画面に表示されるデジタルサイネージ。 

単にメニューなどを出すだけではなく客のSNS投稿を表示する狙いについて担当者は、「お客さんでインスタをやられてる方はきれいな画像を投稿されている方が多いので、そういったものをそのままモニターに表示させてしまえば常にかっこいい画像が出せます。お店は常にファンの方の声を出せるので、それをコンテンツにしてしまおうと」と話す。

客が撮影したインスタ写真を表示すれば、 看板の代わりになり、業者に発注する料金もかからず常にリアルな情報を更新し、流すことができるという。

人材不足とインバウンド対策

QRコードを利用して自分のスマホで注文

“客を利用する技術”はここにも… 
 こちらはQRコードを利用して自分のスマホで注文できるシステム。 

店のタッチパネルにあるようなメニューが自分の携帯に表示されるため、端末代がかからず、導入コストも安く済むと、小規模な店からも注目を集めている。 
 
担当者は、「飲食業界では、人材不足とインバウンド対策と言われている。多言語に対応してるので外国人客も利用できるし、外国人の働き手も増えてきているので、言葉が通じなくてもオーダーがとれるメリットがある」 と話す。
 
人手不足に苦しむ外食ビジネス界。 
客を“もてなす”だけでなく、“利用する”新たな風が吹いている。 

(「プライムニュース α」9月24日放送分)

プライムニュース αの他の記事