盟友 魔裟斗が語る 山本“KID”徳郁の早すぎる死

  • 魔裟斗悔しさにじませ「まさかこんなに早く」
  • 姉・山本美憂はRIZIN.13に予定通り参戦表明
  • 妹・聖子は“KID”のメッセージをSNSに投稿

魔裟斗悔しさにじませ「まさかこんなに早く」

魔裟斗
マジかって……(言葉につまる)……まさかこんなに早くいなくなっちゃうとは思わなかった…

9月20日、ライバルの突然の死に悔しさをにじませながら取材に応じる元格闘家の魔裟斗(39)さん。大みそかに二人が繰り広げた男と男の戦いは、格闘技界に残る名勝負だった。

魔裟斗
同じ時代に、同じ舞台で生きてきた仲間というか。きっとまだ生きたかっただろうし……なんて声をかけたらいいかわかんないですね…

胃がんのため9月18日、41歳で亡くなった山本“KID”徳郁さん。日本を離れグアムで壮絶な闘病生活を続けていたが、再びリングに立つ夢はかなわなかった

姉・山本美憂はRIZIN.13に予定通り参戦表明

“KID”さんのサポートを受け自身も総合格闘家に転身した姉・山本美憂(44)さんも20日、初めてコメントを出した。

山本美憂
私、山本美憂は9月30日のRIZIN.13は予定通り出場いたします。もちろん勝って弟にいい報告をしたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

美憂さんは10日後に迫った試合に向けトレーニングを再開し、天国の“KID”さんに勝利を誓った。

妹・聖子は“KID”のメッセージをSNSに投稿

そして妹の聖子(38)さんもSNSを更新。“KID”さんが残したと思われるメッセージを投稿した。

心配すんな でも安心すんな 山本“KID”徳郁

魔裟斗
特別な選手ですよね。過去にもいなかったし、これからも“KID”みたいな選手は出てこないだろうなって思います

(プライムニュースイブニング9月20日放送より)

プライムニュース イブニングの他の記事