3分で作る!シューティングゲーム(ちちんぷいぷいプログラミング第3回)

エンちゃん:
世界一プログラミングに詳しいゆるキャラ、エンちゃんです。

小池美由:
プログラミングアイドルを目指す、現状はただのアイドル…小池美由です。


エンちゃん:
小池さん、前回は「フルーツ狩り」という課題でプログラミングの基礎の基礎を説明しました。
どうでしたか?

小池:
えっとー…楽しかったです!

エンちゃん:
はぁ。

小池:
今日もがんばります!

「シューティング」ゲームをつくってみよう!

エンちゃん:
今日のテーマはシューティングです。

小池:

私は、射的なら超得意です!

エンちゃん:

聞いてません。

エンちゃん:
それでは、moonblock(ムーンブロック)を開いて。

エンちゃん:
「パペット」を出して、今回は宇宙船です。
「ビヘイビア」で、アイコンのブロックを持ってきて、今日はこの真ん中の宇宙船にしましょうか。

小池:
いいね!強そう~!

エンちゃん:

これに動きをつけます。ビヘイビアで「出現」、ひとつだけでる。次に、「動き」のブロックを持ってきて、「タップしたところに向かって移動」。
ここまでは前回と同じです。

背景を“宇宙”にする

エンちゃん:
今日はゲームの中から背景ブロックを出して、背景を宇宙にします。

小池:

おお~!めっちゃ雰囲気出た~!

エンちゃん:
で、肝心の敵がいないとゲームにならないのでパペットをもう1つ出してきて、宇宙船を選択。
ビヘイビアで「出現」、「上からたくさんでる」にしてください。
で、「Run」。

小池:
キャプテン、敵が来ましたー!

エンちゃん:
入り込むの早すぎです。

エンちゃん:
で、このままだとソッコーぶつかっちゃうので、攻撃できるようにします。パペットをまた出して、アイコンを選択。で、ビヘイビアのアイコンブロックを持ってきて、青いたまを選択。名前も「たま」にします。

エンちゃん:
そしてビヘイビアの中から「動き」を持ってきて、「1方向に移動」「上」にします。
で、宇宙船にリアクションをつけます。
「リアクション」というキットから、「画面がタップされたとき」を選択。
「パペット」キットの中から、「クローン」を選択して、宇宙船のブロックの中にはめます。

エンちゃん:
クローンを「たま」にすると、たまを撃てるようになります。

小池:
おお~。でも…随分スローな攻撃ですね…。

たまのスピードを速くする

エンちゃん:
では、たまの動きを変えましょう。

エンちゃん:
ビヘイビアで「スピード」を選択して、スピード、とりあえず100にしましょうか。

小池:
急に速い!

エン:
でも、ただたまがでるだけじゃまだ面白みにかけるので、リアクションキットから「□□□と当たったとき」に「消える」を持ってきて、敵のパペットブロックに入れましょう。
で、「たまと当たったとき」に消えるとすると…

小池:
すごい!すご~い!シューティング感がすごい!

エンちゃん:
ちなみに、「セーブ」をクリックすると、QRコードが出てきます。これをスマートフォンで読み込むとスマホでも遊べるんですよ。

小池:
自作のゲームで遊ぶアイドルってまさに、プログラミングアイドルじゃない?

エンちゃん:
自作って…ほとんど私が操作しましたけど。
はい、ではお師匠さんのお時間です。

【AIお師匠さんのためになる話と番組のフルバージョンは下記の動画をチェック!】

【第3回】ちちんぷいぷいプログラミング(4分)

次回第4回は、シューティングをさらに作り込んでいきます。お楽しみに。

【第1回】私「プログラミングアイドルになります!」
【第2回】プログラミングとは「何を、どう動かしたいか」だけ

ちちんぷいぷいプログラミングの他の記事