がん闘病を告白の格闘家 山本“KID”徳郁(41)さん死去

カテゴリ:芸能スポーツ

総合格闘家の山本“KID”徳郁さんが9月18日死去した。41歳だった。
山本さんはがんで闘病中であることを明らかにしていた。

山本さんの所属先の「KRAZY BEE」は18日、公式ツィッターで「山本KID徳郁を応援して下さった皆様へ」として山本さんの死去を報告した。

山本KID徳郁を応援して下さった皆様へ
山本KID徳郁(享年41歳6ヶ月)が、本日9月18日に逝去致しました。
生前に応援、ご支援をして頂きました関係各位、ファンの皆様に本人に変わり御礼申しげます。
尚、山本家、家族、友人への取材等はご遠慮頂き、ご配慮頂けますようお願い申し上げます。

山本さんは8月、自身のインスタグラムで「私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています」とがんを患っていることを公表していた。

山本さんは、父の山本郁榮さんがミュンヘンオリンピック出場のレスリング選手、姉の美憂さん、妹の聖子さんがともにレスリングの元世界女王という格闘一家の一員だった。

学生時代にレスリングで全日本を制したものの、シドニーオリンピック出場は叶わず、プロの格闘家に転向した。

身長162cmと小柄ながら、父親譲りの強さで「神の子」と呼ばれ、“キッド“の愛称とともにリングに立つと、K-1の2005年大会で須藤元気選手を下して優勝し、世界王者に輝いた。

私生活では2度の結婚を通じて4人の子どもの父親。
2012年、酔っぱらって誤って駅のホームから線路に落ちた男性を救ったこともあった。

関連記事:「山本“KID”徳郁ががん闘病を告白 魔裟斗『絶対、打ち勝って欲しい』」(8月27日)