スポーツ指導での体罰が、子どもの脳を破壊!画像で判明した異常な「萎縮」「変形」!!

カテゴリ:地域

  • 体罰を受けたヒトの脳を、MRI画像で解析
  • 脳の重要な領域に深刻な変化が!
  • 回復には早目のケアが必要

体罰によって、脳に深刻な影響が!

体操界における暴力やパワハラが世間を騒がせ、議論を巻き起こしました。
スポーツの世界で繰り返される、指導者や年長者による暴力事件。
しかし、体罰が指導・教育に有効であるという実証データはありません。
それどころか、体罰は子どもの脳の発達に深刻な悪影響を及ぼすことが、国内外の研究で明らかになってきました。

厚労省が昨年公表した資料(「愛の鞭ゼロ作戦」)には、体罰や暴言が、子どもの脳に「萎縮」や「変形」などの大きな影響を及ぼすという研究結果が引用されています。
この研究を行った福井大学の友田明美教授によると、子ども時代に厳格な体罰を受けた18~25歳の男女の脳を、MRIで解析したところ、感情や思考をコントロールする「前頭前野」の容積が、平均して19・1%少なく、萎縮していました。
この領域は,感情や思考をコントロールし,犯罪抑制力に関わっているところです。
さらに集中力・意思決定・共感などに関わる「右前帯状回」も,16.9%の容積減少、物事を認知する働きをもつ「左前頭前野背外側部」も14.5%減少していました。

スポーツ指導での体罰は「逆効果」!

人間が人間であるために極めて重要な部分が、体罰の影響によって育たなくなるというのです。
これらの部分が障害されると、うつ病の一つである感情障害や,非行を繰り返す素行障害などにつながると言われています。
本能的な欲求や衝動を抑える機能が影響を受け、犯罪を繰り返すようなことさえ懸念されます。

なぜ、体罰で脳が萎縮するのでしょうか?
虐待や体罰を受けた脳は、ストレスホルモンを大量に分泌します。
それが、脳の発達を一時的に止めてしまうからです。
以前に受けた体罰を思い出し、うつ状態となり、脳の萎縮が始まることすらあるのです。

スポーツ指導者には、「士気を高める」という理由で、子どもを体罰で追い込む人間がいます。
しかし、脳科学の視点から見れば、それは逆効果でしかありません。
現実には子どもの自発性、やる気をそぐ行為だということがハッキリわかります。

言葉の暴力でも、脳は変形!

言葉による暴力が、脳の「聴覚野」を変形させることもわかってきました。
「暴言を浴びせられると言葉の理解力などが低下し、心因性難聴にもなりやすい。ストレスを受け続ける期間が長ければ長いほど、影響があることを知ってほしい」(友田教授)

「体罰を受けた本人が、それを“愛のムチ”だと思えるならいいのではないか」と考える人がいるかもしれません。
しかし、本人が体罰を暴力だと認識していなくても、子どもの脳は確実に悪い影響を受けるのです。
体罰を受けたヒトの脳の画像解析が、体罰や暴言は子供たちにとって「百害あって一利なし」だと明示しています。

早目のケア、そして「体罰禁止」の法制化を!

多くの疾患と同様に、脳が受けた“傷”も、早いうちに手を打つことが重要です。
とりわけ、子どもの脳は発達途上であり、可塑性という柔らかさを持っています。
国内外の研究では、患者と医師らが信頼関係を築き、ケアする中で、萎縮した脳の容積が回復した例も報告されています。
そのためには,専門家によるカウンセリングや「認知行動療法」などの心理的な治療,トラウマに対する心のケアを,慎重に時間をかけて行っていく必要があるでしょう。

子どもへの体罰を法的に禁止した国は、53ヵ国に上っています。
体罰禁止国では、劇的にあるいは着実に体罰・虐待が減少しています。
一方、日本は体罰への認識が甘く、成人男女の6割以上が容認しているとの調査結果もあります。
しかし、脳科学・医学の見地から鑑みれば、わが国においても「体罰禁止」という方向性を打ち出すことが必要だと思われます。

体罰禁止法の先進国・スイスの民法には、以下の条項が加えられています。
『子どもは1人の個人として、その人格を尊重されなければならない。また、体罰やその他 屈辱的な扱いにより、子どもを服従させることはできない』

医師 小林 晶子(医学博士)