店はソックリ 味は「全く…」 人気ラーメン店の“パクリ”店舗に本家困惑!

  • 人気ラーメンチェーン「一蘭」そっくりの店が中国に登場
  • 特許の「味集中カウンター」なども再現…店舗側は「オリジナルだ」と主張
  • 一蘭広報「味は全く違うという声を頂いている」

とんこつスープと、どんぶりの真ん中に浮かべた赤いタレが特徴の博多ラーメンの人気チェーン店「一蘭」。

現在、国内に72店、アメリカや香港などに5店を海外進出を果たしている。
渋谷の店舗に行ってみたが、行列に並ぶ客の約6割が外国人観光客だった。
海外での人気も高い「一蘭」だが、中国にその"パクリ"店舗が登場したという。

特許の"カウンター"も再現!?

問題の店舗は中国・浙江省の杭州にあった。

左:「一蘭」のロゴ 右:「蘭池」のロゴ

大きな赤い丸の中に店名が書かれた「一蘭」のロゴマークとそっくりな字体のロゴが掲げられていたが、店の名前は「蘭池(らんち)」。
店舗の入り口には「美味しそがある」「喜ばれるさよ」など、怪しげな日本語の看板があった

本家の「一蘭」は味の濃さや麺の硬さを細かく紙に記入するオーダー方法と、隣の人を気にせずにラーメンを楽しめるよう、1席ずつ仕切られた「味集中カウンター」というオリジナルのカウンターが特徴だ。
中国の「蘭池」にもこの「味集中カウンター」らしきものがあった。

左:「一蘭」のラーメン 右:「蘭池」のラーメン
どんぶりの底も…

さらには、"うんちく"が書かれたボードや、コップや壁掛けティッシュの位置、どんぶりの底に書かれた文字までそっくりだという。
「蘭池」の店で店員に話を聞いた。

――日本の一蘭と内装などが似ている感じですね。
そうです。私たちのボスは日本に十数年いましたので。

――こちらの「蘭池」は一蘭と関係ありますか?
ないです。私たちのオリジナルブランドです。

中国国内からも「恥ずかしい」の声

「蘭池」本社の担当者は、取材に対し「私たち中国人は中国ならではの物を作ります。高層ビルはみんな似たような形でしょう」とコメント。あくまでも中国風にアレンジしたものであると主張した。

しかし、中国のSNSサイト「ウェイボ」には「なにそれ、恥ずかしい。早く閉店しろ!」「日本のラーメン“一蘭”のパクリ。“蘭池”はすごく恥ずかしいことをやってるね」などの投稿があった。

この"パクリ"店舗に、「一蘭」の広報担当者は「特に味については全く弊社の商材と違うという声を実際にいただいていて、弊社でも慎重に対応を進めていこと思っている」と語った。

人気ラーメン店も困惑の"パクリ"問題。今後の動きに注目したい。


(「プライムニュース イブニング」9月10日放送分より)

プライムニュース イブニングの他の記事