北海道すべての火力発電所がストップ、295万が停電【震度6強】

カテゴリ:地域

きょう午前3時8分ごろ、北海道の胆振地方で震度6強の強い揺れを観測する地震があった。
この地震で津波被害の心配はない。
また、この地震で大規模な停電が起きている。
北海道警によると北海道電力の全ての火力発電所が停止していて停電の数は295万軒に上るという。

また道内の信号機は全体の1パーセントしか作動しておらず、注意が必要だ。
一方、午前4時すぎ室蘭市にある新日鉄住金室蘭製鉄所で油圧ホースが破裂して引火した。
これまでにけが人はなく、現在、消防による消火活動が行われている。

厚真町上空

苫小牧市で82歳の男性が階段から転落して心肺停止の状態。
また別の男性1人が骨折した。

震度6強に見舞われた安平町では3人が軽傷だという。
また千歳警察署によるとこの地震で新千歳空港内で2人、恵庭市内で2人が軽傷。
また由仁町の町役場によると2人の軽傷の確認ができているという。
また厚真町では山が崩れ住宅が巻き込まれ3棟が倒壊した。

巻き込まれた住宅の中に90代の女性1人が取り残されているという情報もあり、現場では必死の捜索が行われている。

【関連情報】
【最新情報更新中】北海道で震度6強 未明から現在まで何が起こったか
携帯各社が災害用伝言板を提供【北海道で震度6強】

北海道で震度7の他の記事