「リンゴ台風」にそっくり!台風21号への備えは?

  • 「リンゴ台風」に進路がそっくりな台風21号
  • 日本列島上陸後、日本海沿岸を北上へ
  • 窓ガラスの割れや停電に対して備えが必要 

27年前の「リンゴ台風」にそっくりな台風21号

こちらの写真は1991年の台風19号いわゆる「リンゴ台風」の時のもの。

この時も「非常に強い勢力」で上陸し、青森などでは収穫前のリンゴが落ちるなど大きな被害が出た。

今回の台風21号と「リンゴ台風」を比べてみると、日本列島に上陸後、急速にスピードを上げて日本海沿岸を北上するという進路がよく似ている。

さらに今回も一部で60mの最大瞬間風速が予想されるなど風が極めて強い点も似ている。

台風21号には、どのような備えが必要なのか?

今回のような“かぜ台風”では、窓ガラスが割れる可能性があるので、ガラスの飛散を防ぐために…

① カーテンを閉める

② 植木鉢などを室内に入れる

また、強風で送電線が切れるなど停電に備えて

③ スマートフォンや充電器の充電を満タンにしておく

などの備えが必要だ。

(プライムニュース デイズ9月4日放送より)

プライムニュース デイズの他の記事