禁煙成功率80%! タバコをやめたい人にオススメ「禁煙外来」

カテゴリ:国内

  • 禁煙外来で3カ月間、薬の処方や診察
  • 治療には保健が適用され、費用は1万3,000円~2万円ほど
  • 「薬を飲んでタバコを吸うとおいしくない。吸いたい気持ちがなくなる」

タバコをやめたくてもやめられないという人も多いが、病院のサポートを受けながら禁煙を目指すという方法もある。

「吸いたい気持ちがなくなる」

福島市のしぎはらクリニックには、年間およそ30人が禁煙外来を訪れる。
福島テレビ・海野光晴記者の喫煙歴は5年。
1日に吸うタバコの本数は、15本前後。

海野記者の肺の一酸化炭素濃度を計測してみると…結果は8%。

タバコを吸わない人の肺の一酸化炭素濃度は、ほぼ0%。

吸うタバコの本数が多い人ほど数値が高く、酸素が欠乏して息切れの原因となる。
禁煙外来では、医師が状態を把握したうえで、3カ月間、薬の処方や診察を行う。

費用は1万3,000円~2万円ほど

しぎはらクリニック・鴫原 晃院長は「薬を飲んでタバコを吸うとおいしくない。吸いたいっていう気持ちがなくなる」と話した。

治療には保健が適用され、費用は1万3,000円から2万円ほど。

しぎはらクリニック・鴫原 晃院長

気になる禁煙の成功率は、80%。
鴫原院長は「5年後、10年後は健康的。吸わない人とだいたい同じようになってくる」と話した。

受動喫煙対策は今後…

受動喫煙対策は、法律の改正によってどう変わるのか。

まずは、東京オリンピックの2020年度を待たずに2019年の夏から学校や病院、役場など、すべての公共施設で原則全面禁煙となる。

そして2020年度になると、飲食店なども原則、室内は禁煙となる。

ただし飲食店の場合、喫煙所を設けたり、広さが100平方メートル以下の個人店などでは喫煙が可能となるとみられる。

FNNピックアップの他の記事