山本“KID”徳郁ががん闘病を告白 魔裟斗「絶対、打ち勝って欲しい」

  • インスタグラムでがんを患っていることを告白 
  • 「KIDさんだけは別格」山本さんをリスペクトする選手は多い
  • がんに詳しい医師は「早期発見であれば手術での根治が期待できる」

総合格闘家・山本“KID”徳郁さんが26日、「私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています」と自身のインスタグラムでがんを患っていることを公表した。

がんの種類は明言しなかったものの、41歳での闘病について明かした。

「神の子」と呼ばれ、K-1の世界王者に

格闘一家に生まれた山本さん。

父の山本郁榮さんはミュンヘンオリンピック出場のレスリング選手。姉の美憂さんと妹の聖子さんもレスリングの元世界女王で、聖子さんは現在、メジャーリーガーのダルビッシュ有さんの妻。

山本さんは学生時代にレスリングで全日本を制したものの、シドニーオリンピック出場は叶わず、プロの格闘家に転向した。

身長162センチと小柄ながら、父親譲りの強さで「神の子」と呼ばれ、キッドの愛称とともにリングに立つと、K-1の2005年大会で須藤元気選手を下して優勝し、世界王者に輝いた。

私生活では2度の結婚を通じて4人の子どもの父親である山本さん。

2012年には酔っぱらって誤って駅のホームから線路に落ちた男性を救った。山本さんをはじめ、その場にいた人たちで男性を救助し、線路に落ちた男性の命に別状はなかったという。

人命救助を成し遂げた後も謙虚だったという山本さんをリスペクトする選手は多く、元格闘家・松本晃市郎さんは「カリスマ性あり、ボスって感じ。やっぱり、KIDさんだけは別格です。最初に会った時は、緊張しました」と振り返った。


総合格闘家・渡辺華奈選手は「私が総合格闘技をやる前、小学生の頃に見ていたので総合格闘技の代名詞といっても過言じゃない選手。克服してくれると信じています」と話した。


また、2015年の大みそかに対戦したK-1の元世界王者・魔裟斗さんはめざましテレビの取材に「まず、このニュースを知ってあのKIDが、と驚きました。あんな風に見えて自分より大きな選手に立ち向かう姿は、アスリートそのものでした。病気にも絶対、打ち勝って欲しいと心から願っております」とコメントしている。

「絶対元気になって、帰ってきたい」

2015年の試合以降、山本さんはリングから遠ざかり復帰が待たれていた。

姉の美憂さんが「RIZIN」の舞台で戦うときはリングサイドで姿を見せていたが、今年7月29日の試合では会場で山本さんの姿を確認できなかった。

半年前に山本さんを見たというファンは「痩せていたので心配」と話している。

41歳の若さでがんと闘うということはどういった状況なのか。

がんに詳しい「ファミリークリニックひきふね」の梅舟仰胤院長は「どのがんもだいたい40歳過ぎたあたりからがん患者数というのは増え始め、がんの患者が多いトップ3である、『胃がん』『大腸がん』『肺がん』ということに限れば、早期の発見であれば手術で根治、治せることが十分期待できる。

特に山本さんみたいに、かなりスタミナある方に関しては手術に関しても、長時間に及ぶような手術を受けられる可能性が高いと思います」と話した。

がん治療について山本さんは、自身のインスタグラムで「絶対元気になって、帰ってきたいと強く思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!」とコメントしている。

(「めざましテレビ」8月27日放送分より)

めざましテレビの他の記事