かわいいけど…「臓器のぬいぐるみ」を“お見舞い品”に!? 米ヒット商品が日本へ

  • アメリカでは臓器のぬいぐるみを、お見舞い品としてプレゼント
  • 単なる面白雑貨ではなく、臓器を身近に感じてほしいという思いで作った 
  • 担当者「日本でも好評で、一番人気は『心臓』です」

37種類の臓器ラインナップ

「同物同治(どうぶつどうち)」という言葉をご存知だろうか。
これは、自身の体の中で悪い部位があれば、違う生物の同じ部位を食べるのがいいという、中国の薬膳に伝わる言葉で、たとえば、お酒を飲みすぎて肝臓が優れない時は、鶏・豚・牛などの肝臓(レバー)を、心臓が悪ければハツを食べればいいという考え方だ。

一方、アメリカでは、肝臓や心臓などをモチーフにした人間の臓器のぬいぐるみが、病気の人へのお見舞い品として人気なんだという。ちょっと驚きだが、それが日本でも販売されることが決まった。
そのぬいぐるみがこちら!



I Heart Guts」と名付けられた、カリフォルニア在住のイラストレーター「Wendy Bryan Lazar」さんがデザインしたぬいぐるみだ。確かに臓器の形ではあるがかわいくもある。
日本では、ヴィレッジヴァンガードオンラインストアにて予約販売中、10月下旬発送予定だ。

全37種類もあるというラインナップは以下の通り。
歯・胃・腸(盲腸付き)・盲腸・結腸・直腸・肝臓・胆嚢・心臓・心臓(ゴールド)・心臓(特大)・脾臓・リンパ節・胸腺・肺・副鼻腔・扁桃腺・腎臓・膀胱・睾丸・前立腺・子宮・子宮頸・膣・胎盤・乳房・松果体・甲状腺・副腎・膵臓・卵巣・皮膚・眼球・内耳・脳・脳下垂体・筋肉

胃や腸などの消化器系や、腎臓や膀胱といった泌尿器系の他にも、眼球や歯まであり幅広い。
公式ページには、ぬいぐるみとそれぞれの名称、それに簡単ではあるが、ひとこと説明も記載されている。聞いたことがない部位、たとえば、「松果体」はというと…

松果体

「内分泌器系(血液中にいろいろなホルモンを放出する)」の臓器に区分されており、説明欄には「第三の眼ともよばれる謎多き存在」と書き添えられている。

謎が多い部位ということで調べてみると、脳に位置していることや、哲学者デカルトが松果体について「物質」と「精神」という二元性をつなぐ重要な場所であり、「魂のありか」と称していたらしいことがわかった。


副腎のぬいぐるみとミニブック

これらのぬいぐるみの価格は税込み3240~9180円で、それぞれの部位の役割や特徴について簡単に解説したミニブックが付属している。
イラストレーターのWendyさんは解剖学が大好きで、単なる面白雑貨ではなく、臓器を身近に感じて興味を持ってもらいたいという啓蒙的な想いもあるそうだ。


Wendyさんの想いやぬいぐるみ自体のかわいさはわかったが、入院している時に、患っている部位のぬいぐるみをお見舞いとして持ってこられたら、感覚的にはちょっと複雑な気もする。
はたしてアメリカのように、日本でも受け入れられるのだろうか。ヴィレッジヴァンガードの内田真衣さんに話を聞いてみた。

「アメリカではウィットに富んだお見舞い品」

心臓のぬいぐるみで作ったハート(心臓)

ーー臓器のぬいぐるみが生まれた経緯は?

カリフォルニア在住のイラストレーター、Wendy Bryan Lazarさんが失恋されたことをきっかけに“壊れたハート(心臓)”のイラストを描いたそうです。その後、さらに良くないことが色々と重なり、他にもタバコを吸いながら“肺”を描いたり、お酒を飲みながら“肝臓”を描いたりしていたことがきっかけとなり、それを試しに立体にしてみたところ、人気に火が付いたとのことです。

ーーぬいぐるみの名前である「I Heart Guts」の意味は?

「臓器大好き!」あるいは「アイラヴ臓器」…でしょうか…
I = 私  Heart = ❤(Love) Guts = 臓器
I ❤ NYといった表現の、臓器バージョンかと思います。それを臓器のHeart(心臓)とかけたアメリカンジョーク?です。

ーーアメリカで人気なのはなぜ?

アメリカで人気が出てきた理由は、2点あります。
1点は、Wendy本人やファンが、眼球のぬいぐるみにメガネをかけて本を読ませたり、胆嚢のぬいぐるみに甘いものを食べさせたり、ユーモラスでストーリー性のある写真を撮ってはSNSにアップしていたことが面白いということで拡散し始めたそうです。

もう1点は、ウィットに富んだお見舞いのギフトとして喜ばれたようで(日本だとブラックユーモアとして受け取られ兼ねないかもしれませんが…)ファンの輪が広がっていったとのことです。

メガネをかけた眼球(左)と甘いものを食べる胆嚢(右)

日本でも好評!一番人気は「心臓」

ーー日本人の感性では入院中に、患っている部位のぬいぐるみをお見舞い品として持ってこられるのは嫌味にならない?

お見舞い品としての手ごたえは正直なところ分かりません…
ただ、ありがたいことに日本でも大変ご好評いただいているので、ゆくゆくは入院中のお見舞い品として受け入れられたら嬉しいなと思います!

ーー予約は現時点でどれくらい?一番人気は?

おかげさまで予想を大きく上回る受注をいただいております。一番人気は「心臓」シリーズです。大きいサイズも人気が高いです。その他、「腸(盲腸付き)」や「腎臓」「膵臓」などもひそかに人気です。

心臓特大(左)・通常(上)・ゴールド(下)

ーー心臓だけ、通常・ゴールド・特大の3種類もあるのはなぜ?ぬいぐるみの大きさや触り心地は?

心臓が一番人気だからでしょうか…分かりませんごめんなさい。
基本的に、本物の臓器よりは全体的に大きく、抱き心地のよい大きさと触り心地です。


ーー全種類コンプリートするとなると、結構な合計額になるが、すべて予約した人は?

すべてではありませんが、ありがたいことに、大半の臓器をお買い上げいただく方も、中にはいらっしゃるようです。

参考までに37種類すべて揃えるには、13万4280円かかる。
どの世代に人気なのかまではわからなかったが、日本ではどんな使われ方をするのか興味深い。