【動画解説】子どもと話していますか? 夏休み明けの自殺最多

フジテレビ 社会部デスク 平松秀敏の【ヒラマツカイセツ】

カテゴリ:国内

  • 過去10年間で、生徒児童の自殺が最も多いのは夏休み明け8月末
  • 専門家「子どもにまず学校のことで話しかけ、その反応を見てほしい」
  • 2学期が始まる前に、子どもと話し子どもの言葉に耳を傾けよう

子供の言葉に耳を傾けよう

今日のポイント。
『2学期が始まる前に、まずは子どもに話しかけ、その言葉に耳を傾けよう。尊い命を守るために』

8月下旬に子供の自殺者が最多に

かつては夏休みが明ける9月1日に、自らの命を絶つ子どもが最も多いとされてきた。

自殺総合対策推進センター調べ

ところが、自殺総合対策推進センターが、2006年から2015年までの10年間に自殺した小・中・高校の児童生徒あわせて3209人の死亡時期を調べたところ、8月下旬が153人と最も多く、9月上旬に122人、4月中旬に108人と続いていることがわかった。

近年、夏休みが短縮化される傾向にあり、自殺の時期が少し早まった形だ。
人間関係や、成績、進路など、学校生活でストレスを抱えている子どもは多いに違いない。

そのストレスを忘れさせてくれた夏休みが終わると、2学期が始まる。
そこで想像以上のプレッシャーが子どもたちの心にのしかかり、自殺を選択するのではないかとみられている。
とかく子どもの自殺の動機が分かりにくいと言われる背景はこのあたりにありそうだ。

「まずは学校のことを話しかけて」

それを防ぐため『子どものSOSを見逃さないで』などと良く言われる。
ただ、普段からコミュニケーションがとれている親御さんばかりではないだろう。
そうなるとSOSに気づくのは難しい。

今回取材した専門家は、『まずは学校のことで子どもたちに話しかけて、その反応を見て欲しい』とのアドバイスをくれた。なるほど、学校のことを話したがらなければ、何らかの理由があるはずだ。

という訳で、もう一度。
『まずは、子どもに話しかけ、その言葉に耳を傾けよう。尊い命を守るために』

(解説:フジテレビ 社会部デスク 平松秀敏)

取材部の他の記事