半月で8つの大量発生!今年の台風はナニが違う?

  • わずか半月で8つの台風が大量発生
  • カギは「インドモンスーン」の拡大
  • 気になる9月の台風を気象予報士に聞くと・・・?

わずか半月で8つの台風が大量発生

こちらは今年8月に発生した台風の数だ。
半月あまりの間に8つの台風が発生している。
なぜこんなに台風が大量発生しているのか、フォーカスする。

台風大量発生の原因の一つが海面水温の上昇だ。
地図を見てみると、日本近海の海面水温は27度以上の所が多く台風が発生しやすい状況になっていることが分かる。

台風急増のカギは「インドモンスーン」

さらにインドモンスーンという西風が例年より東側に拡大していて、これが太平洋高気圧周辺の東からの風とぶつかるため、台風が発生しやすくなります。

台風大量発生の8月に続き、9月は・・・?

この台風シーズン、いつまで続くのか。

日本気象協会の木村健一気象予報士によると、
海面の水温は下がりにくいため、9月も台風が発生しやすいとみられる」ということで、これから秋にかけても台風の大量発生に注意が必要となりそうだ。

(「プライムニュース・デイズ」8月20日放送より)

プライムニュース デイズの他の記事