桑田真澄が語る『野球道』。なぜ“悪しき指導者”が生まれるのか?

  • 学童・学生野球の環境を整えないとプロ野球に良い選手が来ない!
  • 日本の指導者は長くやればやるほど、スポーツマンシップがなくなっている
  • 「野球の勉強は苦にならない…」けれど次の目標はユニフォームを着ること

文化放送The News Masters TOKYO「マスターズインタビュー」。

インタビューのお相手は、元プロ野球選手で野球解説者・指導者の桑田真澄さん。

PL学園の投手として5季連続で甲子園に出場し、優勝2度、準優勝2度を成し遂げ、甲子園通算20勝は戦後最多。

前編ではPL学園へ入学直後に「投手失格」の烙印を押されたことや、現役引退の理由とやり残した勉強について語ってくれた。

今回は、桑田さんが早稲田大学大学院で研究した『野球道』についてタケ小山が話を聞いた。

『野球道』の教えとはなにか?

『野球道』をテーマした桑田さんがどのような研究をしたのか、フィールドワークから聞いた。

「学童野球、学生野球、女子野球、ソフトボール、社会人野球、プロ野球独立リーグなど各ステージの野球場に足を運んで、現状を知ることから始めた。そうすると問題山積であることが再確認できた。

これを改善しないと野球界は良くならないと実感した。なぜなら、プロ野球選手の供給源はアマチュア野球。特に学童・学生野球の環境を整えて育てないと、プロ野球に良い選手があがってこないから」と自説を語り、戦前・戦後の野球界に大きな影響を残した人物の名前を挙げた。

「早稲田大学の初代野球部監督・飛田穂州がその人。『野球道』を説き、"一球入魂"や"千本ノック"という言葉の生みの親。飛田さんがどういう指導をしていたのか興味があり調べると、学生に罵声を浴びせたことはないらしい。千本ノックも体調によっては本数を変えていたという。

一番感動したのは"練習が終わったらさっさと帰りなさい"と学生を諭して、学生の本分である勉強や、友達と遊ぶ時間も大切で、野球だけの人間ではだめで、模範学生になるのが本当の野球選手だと説いていた」という。

「まさに桑田さんがPL学園で提案したことと似てますね」とタケが問うと?

「野球選手にとって勉強は天才や秀才でなくても良いんです。でもグラウンドでは諦めるな、努力しろ、助け合え、と教わる。その一方で、グランドを離れると野球選手の欠点は何もしないこと。

折角いいことを教わったのだから、授業にも食らいつかないといけないし、人生にも食らいついていくんです。失敗しても起き上って、目標に向かって挑戦していくのが本当の野球選手、スポーツマンなんですよ」

『野球道』の再定義の必要性とは?

桑田さんは、日本の野球界の長所も短所も『野球道』という価値観が発端にあると考えるに至り、欠点だけを問題視するのではなく『野球道』の考え方を今の時代に合せて「再定義」しようと考えた。

『野球道』を最初に説いた飛田穂州は、新聞社の野球解説者に転じてからは「練習量の重視・精神の鍛練・絶対服従」を説き、早大監督時代の哲学とは異なる価値観で野球を論じた。

何故か?そこには「戦争」が忍び寄る時代背景があった。

飛田は「野球を守るため」に有用論を主張した。
戦後、野球を取り巻く環境は変わったはずなのに、復員した軍人が指導者となり長時間練習や体罰など、旧態依然とした悪しき伝統だけが残ってしまった。

「誤解された野球道」の価値観が現在の野球界にも浸透している。この是正が必要と説く桑田さん。

グラウンドで学んだことを、人生に生かす指導をすべき

早稲田大学大学院で学んだ桑田さんは、少年野球チームの運営や、東京大学野球部のコーチに就任するなど、指導者の経験を積んでいる。

指導者として感じた難しさ、スポーツマンシップを諭すことについて聞いた。

「指導者としてしばしば思うこと。それは、やらせるのは簡単だが、どう止めさせるかこれが難しいと思う。子どもたちに言うのは、私のチームは午前か午後のどちらかしか練習をしない。それ以外は勉強して遊びなさい、と。

そのバランスをとれないとチームにいる資格がないと教える。教え子の中には甲子園に出場する卒業生もいる。でも、それが凄いとは思わない。野球の経験が"あの時、鍛えられたから今がある"と思ってくれるだけでいい」という。

また、大学スポーツでの危険行為などについても桑田さんは言及した。

「スポーツに大事なのはフェアプレイ精神やスポーツマンシップ。本来、スポーツを通じて学ぶべきこと。そして、その競技を一筋に長くやっていれば、その精神を持って実践できる指導者が残ってないといけない。

ところがなぜか、日本は長くやればやるほど、スポーツマンシップなどがなくなっている。大学の運動部の問題だけではないと思う。野球でも指導者らしからぬ者はいる。

中学くらいまでは、ピッチャーとキャッチャーが重要なので、相手チームの監督が"ピッチャーに当ててこい!"と指示する人がいまだにいるのには残念。決して許せるものではない。アマとプロは切り離して考えるべきで、プロは勝利至上主義でいい。でもアマは人材育成主義が大事。

プレイヤーズ・ファーストの理念が理解できないと指導者はやってはいけない。日本の指導者は素晴らしい人がいるし、スポーツマンシップもわかっているが、試合になると、それを置いて、罵声を浴びせたりしてしまう。彼ら指導者も本来のやるべきことはわかっている。あとは実践するだけですよ」と強調する桑田さん。

野球についての勉強は苦にならない

40歳で現役を引退し、50歳までの10年間を充電期間と決め、早稲田大学大学院ではスポーツビジネスや組織論を学び、東大野球部の特別コーチに就任した縁で「東京大学大学院総合文化研究科」の特任研究員として「合理的なピッチングフォームやバッティングフォーム」を研究している桑田さん。

なぜ研究を続けるのか?と問うタケに、「勉強が好きだから」と応える桑田さん。

「研究活動は苦労の連続ながら、続けられるのは野球についての勉強なら苦にならない」と言い放った。

そして、野球ファンは桑田さんのユニフォーム姿を期待している、とタケが水を向けると?

「ことしで50歳なので、勉強は終わりにして、そろそろ指導者としてユニフォーム着たいという目標を持っている。チャンスがあればどの球団でも話を頂けたら行こうと思っている。

ただ、現場は5年前後で土台を築いたら次に譲って切り上げるのが理想。それ以上長くなるとその球団のことだけになってしまう。個人的にはその先の目標として球界全体を良くしていきたいという望みが強い。

例えば、もっとプロ野球全体が収益を上げ、選手の年俸や裏方さんの待遇をよくしたいし、余ったらアマチュアに投資したい。学童・学生の野球環境を整えて育成する。ただ野球が上手なだけではなく、人に尊敬される選手、人間的にも優れた選手を育てたい」という。

最後に桑田さんが「常に考えていること」とは?

「分っていることが2つある。人は必ず死ぬということと、いつ死ぬか分らないということ。では、今何をすべきかと考えると、悩んだりひきこもっている場合ではない。

明日死んでも悔いがない人生を送りたい。そのために思ったことはどんどん行動する。恥かいても失敗しても良い。自分のやりたいことを挑戦していくのが生きている証。

失敗を恐れない。笑われても良い。失敗しても良い。自分の人生ですから。挑戦すべきです!」

監督桑田真澄の雄姿を望む多くのプロ野球ファンのため、球界のためにも遠くない日に叶うことを期待する。

文化放送『The News Masters TOKYO』のタケ小山がインタビュアーとなり、社長・経営者・リーダー・マネージャー・監督など、いわゆる「リーダー」や「キーマン」を紹介するマスターズインタビュー。

音声で聞くには podcastで。
The News Masters TOKYO Podcast 

文化放送「The News Masters TOKYO」
http://www.joqr.co.jp/nmt/ (月~金 AM7:00~9:00生放送)

こちらから聴けます!→http://radiko.jp/#QRR

パーソナリティ:タケ小山
アシスタント:文化放送アナウンサー 西川文野(月~木)/長麻未(金)

「マスターズインタビュー」コーナー(月~金 8:40頃~)

The News Masters TOKYOの他の記事