甲子園優勝のため3時間以上の練習はしなかった。桑田真澄の中高生時代

  • 指導内容に疑問…納得できないと行動できない性格
  • PL学園の当時の監督に練習方法を変えるよう直訴
  • セカンドキャリアとして早稲田大学大学院を選んだ理由は?

文化放送The News Masters TOKYO「マスターズインタビュー」。

今回のインタビューのお相手は、元プロ野球選手で野球解説者・指導者の桑田真澄さん。

PL学園の投手として5季連続で甲子園に出場し、優勝2度、準優勝2度を成し遂げ、甲子園通算20勝は戦後最多。

スポーツをする子どもを一人の選手として認めて指導する「プレイヤーズ・ファースト」という考え方が昨今注目されている。

タケ小山のインタビューは、「プレイヤーズ・ファースト」が野球界全体の発展につながると説く桑田さんの体験談から始まった。

「投手失格」の烙印を押されたPL学園入学直後

image

中学3年生のときに大阪府の全ての大会で優勝し、周囲も注目する中でPL学園に入学した桑田さんを待っていたものは「グラウンドに行って殴られない日はなかった。水を飲んじゃいけない、ユニフォームを汚さないと上手くならないと言われた時代。

それはおかしいと思いながらも、殴られるのが嫌だから言われた通りのプレイをするけど、納得していないから上達するはずもない」と桑田さん。

入学早々チャンスもらったが、専属コーチから『お前の投げ方では高校では通用しないから、こうやりなさい!』と指導され、忠実に守ってやればやるほどダメになっていった。

ますます通用しなくなり、野球を辞めようと思った。それと寮生活の超タテ社会の理不尽さに閉口。

4月をなんとか乗り切り、5月も頑張ったけど、もう限界…。
そのうちピッチャーもクビになり、野手に転向させられて、目の前真っ暗。

そこで、辞める決心をして、母親に「転校させてくれ」と相談したところ、母親に「何か方法があるんじゃないの」と説得されて、いろいろ思いを巡らし考えたという。

中学時代のフォームや練習内容に戻し、1年生エースに

実は、桑田さんの「仮想と検証の野球人生」は少年野球から始まり、小学3年生で「なぜだろう、どうしてですか?」とコーチに指導内容に聞き、そのころから納得しないと行動に移せない性格だった。

コーチの答えはいつも決まって「こういうモノなんだ!言われた通りにやれ!」の返事。それでも、違うんじゃないかなぁと桑田少年は得心がいかなった。

PL学園入学早々に「投手失格」の烙印を押された桑田さんに転機が訪れたのは、中学時代に思いを巡らした時。

中学の部活動には細かい技術指導するコーチがいなかったので、自分なりに研究して好きなフォームで投げたから、大阪府の大会で優勝という結果を残した。

その頃の投球フォームや練習内容、短時間集中型に戻してみると、その効果はてきめんに表れ、1年生エースとして甲子園に出場し、6試合で好投し優勝に貢献した。

そして、実績を残したうえで、中村順司監督に練習方法を変えるよう、直訴した。

「甲子園で優勝した後、全日本高校選抜メンバーに選ばれ、アメリカ遠征を経験。その時に中村監督と話す機会が増えて、そこで、『甲子園であと4回優勝するためには、長時間練習より短時間集中の方がいいと思う』と怒られるのを覚悟して言ってみると、意外にも中村監督は『やってみよう』と。

その代わり甲子園に出られなかったら、元の練習法に戻すという条件付きで承諾。でも、約束通りすべて甲子園に出場した。だから、その時以来、3時間以上練習したことはない。

当時の目標は甲子園出場、大事なのは技術力を高めることで、長時間練習は意味がないと認めてもらいました」と日本球界屈指の理論派で頭脳派投手は、高校球児の頃から一貫していた。

プロ引退後、達成できなかった“目標”に挑戦

桑田さんは1986年、読売ジャイアンツに入団すると、エースとして活躍し、沢村賞ほか数多くのタイトルを獲得。

その後、メジャーリーグのピッツバーグ・パイレーツに在籍し、2年間でルーキーリーグからメジャーリーグまでを体験。
Baseballの実情を知ったうえで、2008年に現役を引退した。

タケ小山は現役引退への未練や、セカンドキャリアとして早稲田大学大学院を選んだ理由を聞いた。

「当初、自分としては2008年も現役でやるつもりだったが、なぜか、潮時かなぁと思い、いま卒業するべきで次のステージに行かないとと。先輩から必ず悔いは残ると言われたが、何一つ悔いはない。そういう気持ちになれたので、潔く引退を宣言した」と語る。

タケが、引退時に次のやりたい事は明確に決まっていたのか尋ねると?

「まだその時点では、明確には無かった。引退を決めてから、次は何をやりたいかといろいろと考えた。中学1年の時から目標を立て、PL学園で甲子園に出場し、早稲田大学に進み、そしてプロ野球選手になるというプランだったが、早稲田大学が抜けているので『挑戦しろよ』という声が聞こえてきた気がして、じゃあ早稲田大学に挑戦しよう、勉強しようと決意。

ただ、4年間勉強することが大事なのか、スポーツビジネスなど専門に特化して勉強した方がいいのかを考え、これからはスポーツビジネスを学んでおいた方が自分にプラスだなと結論に達し、大学院に行く決意をした」という。

「早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科社会人修士課程1年制コース」での研究課題をタケが問うと…

「最初から野球界に貢献したいという思いがあり、修士論文の課題はひとつに絞っていた。それが『野球道』で、論文の題目は『野球道の再定義による日本野球界のさらなる発展策に関する研究』。

ですが、24年ぶりの学生生活は戸惑いの連続で、テストの時など答えが分っているのに手が動かないイップスになったり。でも統計学などは面白かった。その理由は選手としての現役時代は統計を信用せずに感覚を優先してきたから。その他に法律や組織論などの授業が新鮮で楽しかった」と話した。

文化放送『The News Masters TOKYO』のタケ小山がインタビュアーとなり、社長・経営者・リーダー・マネージャー・監督など、いわゆる「リーダー」や「キーマン」を紹介するマスターズインタビュー。

音声で聞くには podcastで。
The News Masters TOKYO Podcast 

文化放送「The News Masters TOKYO」
http://www.joqr.co.jp/nmt/ (月~金 AM7:00~9:00生放送)

こちらから聴けます!→http://radiko.jp/#QRR

パーソナリティ:タケ小山
アシスタント:文化放送アナウンサー 西川文野(月~木)/長麻未(金)

「マスターズインタビュー」コーナー(月~金 8:40頃~)

The News Masters TOKYOの他の記事