脊髄損傷の事故から4ヵ月 「仮面女子」猪狩ともか復帰へ

  • 脊髄損傷の事故で車いす生活の「仮面女子」猪狩ともかさんがホームページでコメント
  • 「入院してからずっと『早くみんなに元気な姿を見せたい!』という想いでリハビリを頑張ってきました」
  • 8月26日の「仮面女子」のライブで活動を再開

今年4月、強風で倒れた看板の下敷きとなって「脊髄損傷による両下肢まひ」となり、車いす生活を余儀なくされているアイドルグループ「仮面女子」のメンバー、猪狩ともかさんが14日、ホープページでコメントを発表。
およそ4カ月ぶりにグループでの活動を再開することがわかった。

「早くみんなに元気な姿を見せたい!」

猪狩ともかさんのコメント(「仮面女子」公式サイトより):

突然の事故から約4ヵ月が経ちました。沢山ご心配をおかけしました。
毎日、皆さんの応援がとても大きな支えとなっています。
改めてファンの皆さんの応援の力を感じ、感謝の気持ちでいっぱいです。
入院してからずっと「早くみんなに元気な姿を見せたい!」という想いでリハビリを頑張ってきました。

猪狩さんは今年5月、「めざましテレビ」のインタビューで、
「車いすの状態で活動できるようにっていうのを目標にしているので、上半身だけでも踊れたらいいなと思っています」と語っていた。

8月26日のライブで復帰

猪狩さんは、8月26日に都内で行われる仮面女子のライブ(仮面女子CAFE)で活動を再開し、京セラドームで8月31日、9月1日の2日間行われる野球のイベントにも参加が予定されているという。
猪狩さんは、コメントで今の思いを語った。

久しぶりにファンの皆さんに会えること、劇場に行けること、
ライオンズの試合がある日に京セラドームへ行けること。
とても嬉しくて今から楽しみで仕方ありません!!
復帰の第一歩です。

(「めざましテレビ」8月15日より)

めざましテレビの他の記事