リゾート地で休暇を兼ねて仕事も!働き方の新たな形「ワーケーション」のススメ

カテゴリ:地域

  • 三菱地所が、旅先で仕事もこなす「ワーケーション」の新事業を発表
  • 「ワーケーション」は「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」の組み合わせ
  • 和歌山県白浜町と提携してオフィスを整備し、海辺のリゾート地での利用を促す

「ワーク(仕事)」+「バケーション(休暇)」=『ワーケーション』

リゾート地で休暇を兼ねて仕事をする。
三菱地所は、旅先で休暇を楽しみながら仕事もこなす働き方「ワーケーション」の新事業を発表した。

和歌山・白浜町

ワーケーションは、「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語。
三菱地所は、滞在先として誘致を進める和歌山・白浜町と提携して、町内にオフィスを整備し、三菱地所運営のビルに入居する企業に、海辺のリゾート地での利用を促す。

ワーケーションは、パソコンやスマートフォンを使い、時間や場所にとらわれず、旅先などで仕事ができるため、確実に長期休暇を取りやすくなると、働き方改革の一環として注目を集めていて、日本航空でも導入が進められている。

働く人たちはどう考える?

ワーケーションオフィスについて三菱地所は、旅行はもちろんテレワークや研修などに使ってもらえるよう環境整備をしていくとしているが、この取り組みについて働く人たちは…

機械系の男性(20代)
「休暇先で仕事ができるなら仕事と自分のプライベートな時間も両立できると思うのでアリだと思う」
「旅行だと長期間休みを取らなくてはいけなくて、そうなると仕事があって行かれない。旅先で仕事ができるのは大きい」

製造業の女性(20代)
「休みの日は休みたい。オンオフを使い分けて、休みの日は仕事のことを考えずに休みたい」

製造業の女性(40代)
「子育てをしながら仕事しているので、休みも使いながら仕事できればすごく助かる」

電気系の男性(50代)
「ちょっと古い人間なのでそこまで割り切れるかわからない」

NewsPicks最高コンテンツ責任者の佐々木紀彦氏は、「リゾートでリラックスしたほうが出てくるアイディアも多いだろうし、エンジニアの方は集中して合宿することで、新規サービスの開発などに役立つのでは。緩い働き方があってもいいと思う。いろいろな選択肢があることが大事だ」と話す。

(「プライムニュース α」8月9日放送分)

プライムニュース αの他の記事