実はスポーツカーの名産地!京都のベンチャーが電気自動車の開発に成功できた理由

  • 1つ1つつぶしていって、出来ない事を出来るに変える!
  • 資金の底がついてくるとSONYの元CEOらが資金を提供
  • 壁が立ちはだかると「面白いことやってるね」と人が集まった

文化放送The News Masters TOKYO「マスターズインタビュー」。

今回のインタビューのお相手は、電気自動車の開発、販売を手掛けるベンチャー企業「GLM」の社長、小間裕康さん。

「GLM」は、大手メーカーがしのぎを削る自動車市場に名乗りを上げ、設立からたった4年で量産EV(電気自動車)スポーツカーを開発・販売し、自動車市場に革新をもたらしている。

京都は『スポーツカー』の名産地

京都発のベンチャー企業が自動車市場に一石を投じていることについて、小間社長が「実は、京都はスポーツカーの名産地でもありまして、、、」と話し始めると、「そうなんですか」と、タケ小山は驚きの表情を隠せなかった。

小間さんは続ける。

「京都は、トミーカイラ、童夢、コジマエンジニアリングなどレーシングカーやモータースポーツ関連企業が生まれた町でもあり、更に、テクノロジーの町という風にも言われている。京都のテック企業の技術を集めれば、電気自動車の基幹システムは全て出来上がる。まさに、我々は京都の部品メーカーと一緒に車を造り上げた」


「普通に考えたら、自動車産業は無謀だと思うが、チャレンジした理由は?」と、タケは疑問をぶつけた。

「今後は車も電気になる、という発想を聞いた時に、電気メーカーではなく、電気自動車メーカーを造れるのではないか?と考えた。これを100人に言うと、100人が無理だという。逆に、何で出来ないと思うのか、そのキーワードを1つずつ教えてくれと。

それを1つ1つ、つぶしていくと出来るんじゃないか、と考えた」と話す小間さんの顔には、出来ない事を出来る事に変える、向上心の強さがにじみ出ていた。

幻の名車「トミーカイラZZ」を、EVで復活させたプロジェクト

「GLM」は、1990年代に京都のチューニングカーメーカーがオリジナルで開発したスポーツカー「トミーカイラZZ」をEVで復活させ、国内認証を取得し、販売を行っている。

EVスポーツカーの国内認証を取得したのは、日本初とのこと。

「最大の難関とは?人?材料?資金力?」というタケ小山の質問に、「全てです」と、即答した小間社長。

「最初は、エンジニアに参画してもらうのが大変だった。やがて人が集まってきてくれ、本当のものづくりが出来るようになった。人に悩んだし、当初考えていたような資金では足りなくなってしまう。資金の底がついてしまうと、SONYの元CEOの出井さんや江崎グリコの創業家の江崎さんらが『面白いことやっているね、車造りも良いチームが集まっているじゃないか』と、初期の資金を提供してくれた。

その後、技術が進んでいくと、今度はナンバーが取れない。根本的な安全性に関わる部分というものを、クリアしていかなければならなかった。こういうものを全部、1つ1つこなしていくと、今度は、今まで足りなかった人材が、面白いもの造っているねと、更に集まってきたり、資金の提供者が現れたり、何かを乗り越える度に、リターンが来るようになった」と、語った。

問題をクリアしていくごとに、あいつら本気だなと相手にわかってもらえた。

この人達なら大丈夫だと思わせたから投資につながった。

小間さんのたゆまぬ努力が実を結ぶ結果となった。



文化放送『The News Masters TOKYO』のタケ小山がインタビュアーとなり、社長・経営者・リーダー・マネージャー・監督など、いわゆる「リーダー」や「キーマン」を紹介するマスターズインタビュー。

音声で聞くには podcastで。
The News Masters TOKYO Podcast 

文化放送「The News Masters TOKYO」
http://www.joqr.co.jp/nmt/ (月~金 AM7:00~9:00生放送)

こちらから聴けます!→http://radiko.jp/#QRR

パーソナリティ:タケ小山
アシスタント:文化放送アナウンサー 西川文野(月~木)/長麻未(金)

「マスターズインタビュー」コーナー(月~金 8:40頃~)

The News Masters TOKYOの他の記事