台風から遠くても豪雨の恐れ!南下する前線を台風が刺激

台風13号は8月9日関東を直撃する恐れがあるが、実は、台風最接近の前の7日午後から大雨など影響が出る恐れがある。台風と前線の危険な組み合わせをフォーカスする。

気象衛星ひまわりで見ると台風は日本の南を北上していて、まだ遠くにあるが、前線と接近することで大雨をもたらす可能性がある。

この前線は東北地方から南下してきたもので山形県や新潟県に猛烈な雨を降らせ、6日夕方には東京・八王子市でもゲリラ豪雨が発生した。

台風の接近する前から雨が降り、そこに台風の雨が加わると、総雨量がかなり多くなる恐れがある。

この台風について気象庁は「時速15キロ程度と、これまで関東に上陸した台風では最も遅いため、特に千葉県、茨城県から宮城県にかけて影響が長引く見込み」と警戒を呼びかけている。

(プライムニュース デイズ8月7日放送より)

プライムニュース デイズの他の記事