「辞めていただきたい」インターハイ開会式で幹部が公然批判…“おもてなし”新写真も

  • 岐阜ボクシング連名会長がインターハイ開会式で山根会長に辞任要求
  • 「選手が主役」がモットーの山根会長。ジャージ姿で選手ら一同に出迎えられる姿も
  • 連盟が猛反論 “奈良判定”「容認できない」一方で不正流用は「親心」

開会式で異常事態

岐阜県で8月1日開幕したボクシングのインターハイ。

開会式の会場に、日本ボクシング連盟の山根明会長は現れなかった
高級感漂う山根会長専用の椅子の出番はなく、変わって置かれたパイプ椅子も置かれたままの状態に。

7月27日に333人からの告発を受けた渦中の山根会長が不在の中、開会式で代わりに挨拶に立ったのは、日本ボクシング連盟の吉森照夫副会長。
「山根会長が体調を崩してここにおられませんので、専務理事の吉森が代わって読ませていただきます」と発言した。
関係者によると、山根会長は体調を崩して入院したとみられるという。

続いて挨拶をした岐阜県ボクシング連盟の四橋英児会長が、驚きの言葉を発した。
「ボクシング連盟が話題になっています。誠に恥ずかしい。恥ずかしい恥ずかしい思いをしています。あれが事実だとしたら、すぐに山根会長をはじめ周囲の皆さまに辞めていただきたい」

(左端)日本ボクシング連盟・吉森副会長 (右端)岐阜県ボクシング連盟・四橋会長

ボクシング連盟をめぐる告発騒動は、前代未聞の事態に発展。
高校生の夢の舞台インターハイの開会式で、渦中の山根会長に対し、反対派の幹部が公然と辞任を要求したのだ

その時、吉森副会長は、壇上を鋭い視線で見つめていた

権力示す新写真を入手…「接待の指示していない」

今大会のパンフレットに「役割こそ違うが、(選手と指導者は)あくまで対等であり、指導者側の価値観や考えで押し付ける指導法は好ましくありません」とコメントを寄せた山根会長。

「選手が主役」をモットーに、2人の五輪メダリストを生むなど手腕を発揮してきた一方で、権力を見せつける場面も見られた

2016年11月に愛媛県松前町で行われた全日本選手権では、会場の前にずらりと並んだダークスーツの一団に出迎えられたジャージ姿の山根会長の姿があった。
さらに、もう1枚の写真では、「Japan」と書かれたジャージを着た選手らしき男性たちまでもが、山根会長に深々と頭を下げていた。

今大会でも、“おもてなしリスト”に沿った飲み物やお菓子が控室に用意されるなど、告発状にあった通りの過剰接待ぶり

その告発状について、日本ボクシング連盟は8月1日、「一部事実と異なる点がある」として、ホームページにコメントを掲載した。
山根会長の接待については、「日本連盟がそのような指示をしたことはありません」と反論している。

“奈良判定”の疑惑否定。不正流用は「親心」

発表されたコメントでは、さらに、“奈良判定”と呼ばれる不正審判についても反論した。

2016年の岩手国体で、地元・岩手県の選手が、奈良県の選手から2度のダウンを奪うも、結果は奈良県の選手の判定勝ち。

勝った本人も信じられないという様子だった。
観客からは「おい!審判!」「何なのよ!」と怒号が飛び、負けた岩手県の選手は涙を流していた。

奈良県連が山根会長の出身母体であることから、“奈良判定”との疑惑が指摘されているこの不正審判疑惑。
日本ボクシング連盟は、告発状への反論コメントの中で「結局クリーンヒットの多寡(多さ)によってポイントが決まるのです。告白者側がダウンをとられたことを強調して、さも不正審判であるかのように吹聴することはボクシング審判に対する不信を煽るものであって断じて容認できません」と強く主張した。

また、リオ五輪代表の成松大介選手がJSC(日本スポーツ振興センター)から交付された助成金240万円を別の2人の選手に80万円ずつ分けたことについては、「遺憾ながら、これは事実です」と不正を認めた。

一方で、「会長が他の2選手のことを思う親心からしたことであり、会長個人の利益目的からしたことではありません」と説明している。


333人からの告発に対し、日本ボクシング連盟が反論したことで、全面対決のゴングが鳴った今回の不正疑惑。

反論コメントは、1日午後1時過ぎにホームページ上に発表されたが一度削除。
午後4時前に訂正した文書が再掲載され、連盟内での混乱ぶりが浮き彫りとなった。



(「プライムニュース イブニング」8月1日放送分より)

プライムニュース イブニングの他の記事