「お願いだ。やめてくれ。」ホチキスだらけの本に図書館が悲鳴

カテゴリ:地域

  • 静岡市立図書館がホチキスだらけになった本をTwitterに投稿
  • 図書館では、本の貸出データを返却処理の際に消してしまう
  • 貸出データはたどれる?被害届は? 図書館協会に聞いた

7月31日、Twitterに投稿されたある本の画像が話題になっている。



「お願いだ。こんなことをするのはやめてくれ。本がかわいそうだ」と悲痛な声と共に投稿されたこの画像。
見るも無残、という他ないホチキスだらけのページには、破れやホチキスの針を抜いたような痕もはっきりと残ってしまっている。

静岡市立図書館の公式アカウントが投稿したこの画像、Twitterでは「心が痛む」「いたずらにしては酷すぎる」という声が続々挙がっていた。
なぜこのような事態が起きてしまったのか?静岡市立図書館にお話を聞いてみた。

1年越しに発見…誰が借りたかは不明

――本の被害はいつわかった?

7月29日(投稿の2日前)にわかりました。
この本は、去年の7月に返却されたものなのですが、利用者の方が書架にあったものを持ってきて「こんな本があったよ」と。
実際に被害に遭ったのがいつなのかはわかりません。


――誰が借りていたものなのかはわかる?

返却処理をする際に貸出データは消去しているので、誰が借りたものなのかはわかりません。
貸出データの消去は個人情報の保護のため、以前からおこなっています。


この"ホチキス本"は1年前に返却され、それ以来書架に並んでいたという。
図書館では、本の貸出データは返却処理をする際に消してしまうため、「今この本は誰が借りているか」ということしかわからず、"ホチキス本"を借りていた人はもうわからないという。

そして、本の返却は図書館のカウンターで行うが、その際には職員が本に汚れや破損がないかチェックしているといい、もし汚れ等があれば事情を聞き、「次の利用者に貸し出せるかどうか」など被害の大きさを確認し、場合によっては弁償などの対応もあるという。

時間外に返却したい時に本を入れる「返却ボックス」もあるが、ボックス内の本に破損が見つかった場合は返却処理前なので貸出データが残っているため、そこから連絡を取るなどしているという。


返却された本のチェックは職員が行う(画像はイメージ)

話を聞くと、返却された本は基本的に破損がないかチェックすることになっているというが、借りた人なのか、それとも返却後に誰かがやったのか。

Twitter上では、「職員が返却口にある本を1冊ずつ確認するのは大変な作業だし…」「館内のトイレなど見えないところでやって棚に返したのでは」「児童書なので子供がやったのではないか」など様々な推理が飛び交っている。

いずれにしても、ここまでひどい破損は初めてで、投稿にも「捨てるしかない」とあったように、この本は以降の貸出は難しく、修復も困難なため廃棄処分になってしまうという。

では、今回のようなケースは被害届は出せるのだろうか?
また、貸出データは消去するというが、傷ついた本に気付かず返却処理してしまった場合、最後に本を借りていた人に連絡することもできないのではないか?
図書館のルールについて、日本図書館協会にお話を聞いてみた。

被害届の提出は可能

――誰が汚したかわからない本、被害届は出せる?

器物損壊の事実があるので、被害届の提出は可能と考えます。


――本の破損に対して、図書館で対処するためのルールはある?

各自治体の図書館の設置条例や各図書館の管理規則等において、弁償の規定があるのが一般的です。
破損させた人がはっきりしている場合は、弁償を求めるのが普通ですが、その判断は個々の図書館によるため、全国一律のルールはありません。
弁償を求めることができない場合、当該資料を購入するかどうかは、各図書館で判断されます。


過去には愛知県の図書館で、新聞などの一部が繰り返し切り取られる事件があったが、その時は被害届が提出され、受理されていた。
今回の件も被害届を出すことは可能だというが、破損させた人がわかっている場合でも弁償を求めるかどうかは各図書館の判断になるのだという。


――貸出データを消去するのは何故?

図書館は、個人情報保護を重視し、個々人の図書館利用の事実を記録することは最小限にするようにしています。
貸出中である間は、本の管理上必要なため貸出利用者がわかるようにしていますが、返却された時点でその記録は消去されます。
データバンクの容量は関係ありません。

――貸出データは完全に消去してしまう?復元できない?

返却処理後にデータが復元できるシステムであるかどうかについては、個々の図書館の技術的視点になるためお答えいたしかねます。


日本図書館協会によると、やはりすべての図書館で個人情報保護法の観点から、個人情報は最低限しか保持しないことになっているという。
そのため、貸出データは返却処理と同時に完全に消去することになっているのだ。

記録をさかのぼって"犯人捜し"をすることは図書館のルール的に難しいということがわかったが、そもそも、そんなことをしなければならないのは何とも情けない話。
静岡市立図書館は「図書館は市民の方の本棚。みんなで利用するものだということを忘れないでほしい」と改めて訴えている。


「『本に付箋を貼ってはならない!』注意喚起が話題の図書館にホンネを聞いてみた」