1枚の写真で揺れるドイツ サッカー界のスーパースター・エジル選手を引退させた移民問題

カテゴリ:話題

  • サッカー界のスーパースター、トルコ系ドイツ人のエジル選手が引退を表明
  • きっかけはトルコのエルドアン大統領との2ショット写真
  • 「勝てばドイツ人、負ければ移民」

ドイツが真っ二つ?!

エジル選手Twitterより

英プレミアリーグのアーセナルで活躍、そしてドイツ代表を務めるサッカー界のスーパースター、トルコ系ドイツ人のメスト・エジルが大きな騒動に直面している。



7月22日にドイツ代表を引退するとツイッターで電撃発表(皮肉にもドイツ語ではなく英語で)。しかしこれはただのサッカー引退宣言ではなく、非常に複雑な議論をよんでいる。移民問題だ。エジルを批判する声もあれば、庇う声もある。

ドイツは真っ二つに分かれている。

ドイツとトルコの危うい関係

エジルの祖父母はトルコから外国人労働者としてドイツに移住した。ドイツ政府の募集で1960年代には彼の祖父母のように、多くのトルコ人がドイツに労働者として渡った。そして今、トルコからの移民が最も多く住んでいる国はドイツなのである。

エジルはドイツで生まれ育ったが、自らのルーツであるトルコにも誇りを持っており、非常に熱心なイスラム教徒でもある。試合前にドイツ国家を歌わずトルコ語で祈るなど、以前から物議を醸していた。その一方でドイツを代表する移民の成功者とも称えられていた。

ここ最近、ドイツとトルコの外交関係は非常に悪い。ジャーナリストをテロリスト扱いし逮捕するなど、メディア規制を強めるエルドアン大統領が強権的だとして、ドイツ国内では反発が強まっている。そして、よりイスラム教を重視する姿勢を強めている点もドイツ人に不安を与えている。

1枚の写真が引き起こした騒動

騒動のきっかけは、トルコ大統領選挙前の今年5月、ロンドンでエジルがエルドアン大統領と記念写真を撮った事である。

その際、同じくドイツ代表でありながらトルコにルーツを持つイルカイ・ギュンドアン選手も一緒でだった。プレミアリーグのトルコ系選手がイベントに招かれた際に撮影されたものだ。

強権的手法を批判されているエルドアン大統領とエジルの2ショット写真は、ドイツで大きな問題となった。「独裁者と写真撮影をしてドイツの基本的価値観を理解しているのか」など、痛烈な批判が多く寄せられたのだ。ワールドカップ直前の親善試合でも、ドイツのサポーターからエジルらに対してブーイングの嵐。ギュンドアンは、ロッカールームで泣くはめに。だがエジルは沈黙を守った。

「もうドイツのユニフォームを着たくない」



その後ワールドカップが開幕するも、ドイツは1次リーグで敗退した。惨敗の責任に加え、エルドアン大統領との2ショット騒動についても一切コメントを出さないエジルに批判が集中した。
そして、7月エジルはツイッターで引退を表明する。

エジルはこの中で、エルドアン大統領との2ショットについて「自分は政治家ではない」として、写真撮影に政治的意味がないことを強く主張。
「愛するもう一つの祖国、トルコの大統領に敬意を示さなければいけないと強く思っている」と、その想いを述べた。

ドイツ代表を引退すると決めたのは、「ドイツ国内のファンからトルコ人であることについて差別的表現で罵倒されたから」と説明。そしてサッカー関係者からも差別的扱いを受けたと主張する。

「勝てばドイツ人、負ければ移民」

ドイツ人と日本人のハーフである私も、あの写真を最初に見た時、とても残念に感じた。エルドアン大統領が強権的政治を進める中、なぜ自由なドイツで育ったエジルが彼を支持するのか。
いくらエジルが自分は政治家ではないと主張をしても、有名スポーツ選手のメッセージは社会に強い影響を与えるからだ。

しかし、その後、エジルに対して再び差別的な暴言が増えていくのに私はさらなるショックを受けた。
これまでのヒーローに手の平を返したように、そこまで彼を軽蔑する行為に、大いに疑問を感じた。
最近の難民問題などでの、ドイツの右傾化を思い起こしてしまう。

「勝てばドイツ人。負ければ移民」エジルは、こう吐き捨てた。

私は、自分に問いかける。エジルのように2つの国を愛してはいけないのだろうか?
ドイツ人の怒りをあおるように、エルドアン大統領はエジルに電話をし、彼の決断を褒めた。
ソーシャルメディアでは#WeAreWithÖzil(我々はエジルと共にある)のハッシュタグが登場し、エジルをサポートする声が数多く出ている。

一方で、「ドイツはヒトラーのころから何も変わっていない」、「ナチの精神はドイツでは消えない」などドイツを攻撃するコメントが連発されている。

ドイツもトルコも感情的になり、時に差別的ニュアンスを含んだ私見がネット上に上に渦巻く。

移民政策に新たな改革を

ドイツサッカー協会HPより

サッカーは移民の若者たちに活躍の場を与えるなど、欧州の移民政策には欠かせないツールとも言えるが、今、ドイツサッカー協会、そしてドイツ社会は、エジルの発言で新たな改革が必要なのかもしれない。ドイツサッカー連盟の会長も、「今思えば、あらゆる人種差別的な敵意は一切容認しないとはっきり言えばよかった」とようやく発言した。

人種、民族、宗教が複雑に絡み合う欧州の移民問題は寝深く、その完全な解決への道筋は遠く感じる。

彼のような大スターでも自分のルーツをめぐってこんな騒動に直面してしまう現実がある。
ドイツ社会で生きている一般の移民たちは、今、どのような思いで暮らしているのだろうか。


(執筆:FNNロンドン支局 シバリまりこ)


取材部の他の記事