野球88%、サッカー83%、バスケは…?「Bリーグ」を盛り上げる方法

Bリーグ大河正明チェアマンインタビュー(後編)

カテゴリ:芸能スポーツ

  • Bリーグは認知度が低いのが課題。
  • メディアの露出をどうするのか考えている。
  • Bリーグは給料の未払いがないのも実は魅力。

10年以上にわたって続いたトップリーグの分裂は、FIBA(国際バスケットボール連盟)の介入によって終止符が打たれ、Bリーグの誕生へと至った。

3年目となる2018-19シーズンは、9月に各地で行われるアーリーカップから本格的な活動がスタート。B1とB2の限られたチームが参加した昨年と違い、韓国KBLの1チームを含めた36チームが出場し、6都市で開催される大きなイベントとなる。

Bリーグの大河正明チェアマンから、バスケットボールの魅力やビジネス面について話を聞いた。

バスケットの醍醐味

――どうすればBリーグに新規のお客さんがどんどん来るようになると思いますか?

認知率が上がって観戦意向が増えるということですよね。

あるところで調べると、1億2000万人のうち、プロ野球が88%、Jリーグが83%の認知率ですけど、僕らは60%前後。これが20%上がって80%になると、2400万人がBリーグを新たに知ることになる。観戦したい人はその何分の1か増えます。まずは知ってもらうこと。Bリーグを知ってもらうためにどれだけメディアに露出できるか、ものすごいポイントになんです。

観戦意向を増やす(写真提供:B.LEAGUE)

――バスケットの日本代表が、土壇場でワールドカップ1次予選を突破したことも、Bリーグにとって意味がありますか?

八村(塁:アメリカのゴンザガ大で活躍中で、将来NBA入りが期待されている)選手を除いて、みんなBリーグ出身の選手で日本代表を構成している。ここが活躍してメディアの皆さんに取り上げていただくことは、Bリーグのリーグ戦にとって、どう考えてもプラスだと思います。

Jリーグは(W杯で先発したのが)11人中1人しか選手がいなくて、みんな海外リーグでやっているので、実はJリーグに戻ってきてもあまりWin-Winのサイクルにならないですよね。でも、僕らは代表とリーグが正にWin-Winの関係になるし、代表の露出が増えることはBリーグの認知度向上、そして集客アップにつながると思っています。


――Bリーグに足を運んでここを見てほしい、ここが野球やサッカーと違うという魅力は何ですか?

プロのスポーツ選手だから、普通の人ができないような3Pだったり、ドリブルがあったりする。それが、野球やサッカーに比べると圧倒的に間近で見られることというのは大きいですし、本当に好きな人だとベンチ裏に行けばヘッドコーチが何を喋っているかが聞こえてくる。これはバスケットの醍醐味ですよね。ちょっと離れたところで見ても、大型ビジョンもかなりのチームがつけるようになりました。

それと、快適な観戦環境があります。室内なので暑くも寒くもないし、雨も影響がない。サッカーだともれなく濡れるスタジアムがいっぱいあるわけで。あと、イケメンも多いですから(笑)

間近でスーパープレーを観戦(写真提供:B.LEAGUE)

安心安全な環境でプレー

――億単位のお金をもらえる中国に比べると難しいかもしれませんが、今のBリーグはアメリカ人選手にとって魅力的な市場になっているという手応えがありますか?

私のところにも海外の代理人の方が会話されてくることもありますし、非常に興味と期待は持っています。

Bリーグが世界に誇れることは、NBAを別にしてですが、B1の中に未払いをするようなクラブがないということですよ。トルコリーグに行っても、ロシアリーグに行っても、スペインリーグに行っても、ちょっとすると給料が払われないとみたいなことは平気でありますよね。

こういうことがないリーグであることと、安心安全な環境でプレーができたりすることが、Bリーグの一番の魅力かもしれませんね。


――Bリーグが掲げているテーマ< Break the Border >の一環として昨年アーリーカップを初開催した印象はいかがですか?

見ようによってはプレシーズンマッチじゃないですか。もうちょっと選手がリーグ戦に対しての調整をかけたような試合になるのかなと多少思っていましたけど、結構どこも真剣勝負で。特に千葉であった千葉ジェッツとアルバルク東京は、チャンピオンシップの決勝よりもちょっとしたらいい試合だったのでは? と言うくらいの試合で、白熱したというのが印象ですね。
 

去年のアーリーカップ関東(主管:千葉ジェッツふなばし)では、「船橋市長賞」を設定。地元行政との連携も良好

――Bリーグ主催ですが、年ごとにいろいろと試せるイベントになるのかなという感じでしょうか?

そうですね。いろいろなチームが集結したり、チアの方が全部来たりとか、あとグルメみたいなところに焦点を置いたりとか、少し遊び心を持ちながら楽しんでいただくというのも、主眼にはやっています。

様々なファンサービス(写真提供:B.LEAGUE)
子どもも楽しめる(写真提供:B.LEAGUE)

――B1対B2の対戦をもっと増やすことも視野に入れていますか?

そうですね。今どうしても関東近郊にB1が多いこともあって、どうしても西にB2が多くなっています。できたら地域地域でアウェイの方も観戦しに来やすいような環境でやるというのも、一つのアーリーカップの大きな狙いです。戦力が6地区で均衡しているのは事実だと思います。地元の盛り上げとして、Bリーグ開幕前のキャンペーンと位置付けています。

【シリーズ特集】Bリーグのススメ

【B.LEAGUE EARLY CUP 2018 KANTO】
https://www.bleague.jp/earlycup2018
関東大会:9月7日(金)8日(土)9日(日)会場:ブレックスアリーナ宇都宮
https://www.fujitv.co.jp/sports/basketball/earlycup/index.html

大河 正明(おおかわ まさあき)
B.LEAGUEチェアマン
1958年生、京都大学法学部卒業/1981年 三菱銀行入行 ローン事業推進室長や支店長などを歴任/2010年 日本プロサッカーリーグ入社/2015年 ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ理事長に就任

Bリーグのススメの他の記事